外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露



外食の店長や社員の仕事の本筋とはなんだろうか?

個人的見解だが、「従業員を通して客を満足させて出来る限り利益を出すこと」ではないだろうか?


従業員を通じてというのがみそである。




外食に入ろうと思っている学生なんかが勘違いしやすいのが、従業員が店長や社員の言うことを素直にきくものだということである。


人間なので感情がある。


感情があるから、扱いが本当に難しい。


全然いうことをきかない人も多い。


例えば、土日に従業員が10人いなくては駄目だとする。

8人しか埋まらない。

頭を下げてなんとか10人埋まったとする。


頭を下げられた二人はお願いされて出てやったと思う人もいるだろうし、今回は貸しだから別件で我侭が通じて当然と考える人もいる。

また、土日に出た人は「出なかった人は暇な平日しか出なくて楽して儲けてる」と考える人もいる。


いろんな思惑や感情、妬みや嫉みが交錯する。


人間が人間に指示を出して人間をもてなして、利益をあげる。


難しい商売である。



上記のような感じでやっていると店長はAさんをエコヒイキしていると言い出す人もいる。

直接、店長室で涙を流しながら店長に不公平だと怒鳴る人もいる。


完全な平等なんて無理である。





「不平不満があって辞めたいなら辞めていいよ」と言えればどんなに楽だろうか
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/11/15(金) 23:45 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/537-11443175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック