外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24時頃、控え室で仕事を終え、マニュアルなどをみながら岩淵からの電話を待っていると電話がきた。

「今、駐車場にいるんだけど」


「ああ、店に入ってきちゃってよ。控え室にいるから」



岩淵は「失礼しますぅ。○○店の社員の岩淵です。」と言いながらパントリーから控え室にやってきた。


「おぅ。お疲れ様。」


「お疲れ様。」




形式的な挨拶を終えた後、すぐに財布から一万円を出して岩淵に渡す。

「確かにお借りしました。」と両手で大事そうに一万円を受け取った。


「なに?そんな店長、ひどいの?」



「ひどいなんてもんじゃないよ。訊いてよ。」


「ディナーのラッシュ前に毎日、帰っちゃうんだよ。」


「それで俺のシフトも20時までしか引いてないのに、その後のシフトを薄くして、俺が残らないと営業できないようにしてるんだよ。」

「それで文句言ったら、めちゃくちゃ怒ってさぁ。結局、俺が謝って、この後ももう一回、店戻って発注とかしないと駄目なんだよ。」


「ひどいね。20時以降はタダ働きなんだ?」



「そうだよ。○○君(私のこと)の店長みたいにやさしい店長ばっかりじゃないんだよ!」
と急に怒り出す岩淵。


心の中で、店長はたしかにこっちのほうが優しいかもしれないけどバイトやパート従業員はこちらのほうがキツイだろうなぁと思う私。


なんか、でも、金貸して何で怒られるんだろう。。。と思う私。


「ってか、金貸して何で怒られなきゃ駄目なんだよ!」



「あ、ごめんごめん。」と謝る岩淵。



その後、岩淵の愚痴を聴いて一緒に店を出た。

駐車場で「給料日に返すから。ありがとう。」と岩淵は自分の店に戻っていったのである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/494-ca9e3cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。