外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンに40歳のフリーターの人がいた。
童顔で40歳にはみえなかったが40歳だった。

70歳くらいの両親と同居で、ここでの収入が15万程度で親の年金と合わせて生活しているそうだ。

いつも、シワシワのシャツとシワシワのジーパンと薄汚れた白のスニーカーで登場して、シワシワの汚れたコックコートを着ていた。

前から気になっていたので言ってしまった。

「コックコートとかって、洗ってますか?」


ちょっと、険しい顔で彼は「え?洗い方とかわかんないんで。。。」と言った。


厳しい表情で私は「イヤ、っていうか、全然、洗ってないんですか?」


悪びれた様子もなく彼は「いや、まぁ。たまに」と言う。


「前から気になってたんですけど、いつも、店に来る時も同じシャツとか着てるけど、それって。。。」


ちょっと恥ずかしそうに、でも、開き直った感じで「いや、別にほかのもあるけど、あんまりそういうのは無頓着で。。。」と言い訳をする。

呆れた顔で私は、「うちって、出退勤は裏からじゃなくって、お客さんと同じ出入口からじゃないっすか、あんまり、酷いのは困るんですよね。」


「あと、前から気になってて、はっきり言わせてもらうと、臭いが結構、する時があるんですよね。そこまで来ると食物扱ってるから、ダメなんですよね。」
 

彼は黙りこくってしまった。

さらに追い打ちをかける。


「風呂とかもあんまり入ってないっすよね?」

ちょっと怒った感じで、「入ってますよ」と反論する。

すかさず、「イヤ、フケとかみると毎日ではないでしょう?」と呆れた感じで言うと、
「まぁ、毎日では。。。」と彼は言う。

「そういうのってなおせます?」と私は質問をする。

彼は何も言わない。


次の出勤日、腹痛と頭痛で彼は欠勤した。
その次の日も同様に欠勤した。

結局、やめてしまった。

高校生のバイトの子が控え室で私が事務作業をしていると、
「正直、ロッカーとか隣で臭ってきて、我慢できなかったんすよね。助かりました。」と言われた。

店長からも、「あいつはちょっと、食物扱う仕事は無理だろう。。。」と言われたのである。
コメント
この記事へのコメント
人材確保
下の記事でもそうですけど、こういう人材しか来ないんでしょうね。
んで、面接し続けてるうちに店長が折れてしまって採用してしまう、と。

リーマンショックの時はバイト・社員共にそれなりの人材を確保できたと思いますが、
今でも続いている人はかなり少ないでしょうね。
2012/03/17(土) 19:02 | URL | ガンバス #HKRQfE4I[ 編集]
Re: 人材確保
> 下の記事でもそうですけど、こういう人材しか来ないんでしょうね。
> んで、面接し続けてるうちに店長が折れてしまって採用してしまう、と。
>
> リーマンショックの時はバイト・社員共にそれなりの人材を確保できたと思いますが、
> 今でも続いている人はかなり少ないでしょうね。

ちゃんとしてる人は本当に少ないです。
結局、人なんでしょうね
2012/03/18(日) 09:45 | URL | 管理人 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/03/21(水) 05:50 | | #[ 編集]
いつも拝見させていただいています。
私も以前外食関係で働いていたので共感出来るところが多々あります。
2012/03/30(金) 13:34 | URL | のりお #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> いつも拝見させていただいています。
> 私も以前外食関係で働いていたので共感出来るところが多々あります。

コメントありがとうございます。
2012/04/08(日) 11:17 | URL | 管理人 #-[ 編集]
弱そうな奴には初めからガンガン言うのかお前。最低やな
2012/05/22(火) 06:19 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/29(日) 10:00 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/431-0b91847d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。