外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店にフリーターの二十歳の女の子がいた。

ちょっとぽっちゃりでとてもおしゃべりだった。
私はおしゃべりな女の子は苦手だ。

店長とか40台のおじさんのバイトの人とかにも平気でタメ口をきくような感じの娘で、
40台のおじさんなんか、ファーストネームで呼び捨てで呼ぶような娘だった。
こっちがここまで許すとどんどん図に乗るタイプだと判断したので、私は一定の距離をとっていたので、私にはため口ではなく、敬語で接してきていて、
どこか私だけにはかなり遠慮しているのがわかった。

まぁ、そんなこんなで、バレンタインデーの日に出勤すると、ちょっと恥ずかしそうに手作りのチョコレートをくれた。

雑誌かなんかをみながら作った感じで、まぁ、一人あたま制作費、ウン十円という感じである。

笑顔で私は「ありがとう。」と言い、受け取って、休み時間に飯を食った後にコーヒーを飲みながらいただいた。

3月14日は、その女の子は出勤日ではなく、13日が出勤日だったので、仕事の前にセブンイレブンで適当に他のおばちゃんたちの分も含めて、お返しを買って、その娘には帰り際に渡した。

おばちゃんたちにもバラバラにお返しをした。


そこから1週間くらいが過ぎて、店長が帰り際に「抜け駆けしやがって」と捨て台詞を吐いて帰っていった。

最初はなんのことかわかんなかったが、店の何人かのおばちゃんはだいたい、私と店長だけにチョコをくれて、
女の子は店にいる男全員にあげたらしいが、まともにお返しをしたのが私一人だけだったらしい。

それでおばちゃんや女の子がホワイトデーから何日か経って、店長が控え室に居る時に、
店長に「部下がまともにバレンタインのお返しとかきちんとやってるのに、あなた、店長なのにそういうこともできないの!」と、おばちゃんがガチでお説教を始めて、そこに女の子も入って、「だから、店長、皆に人気ないのよ」とか言い出して、キャインされたらしくて、帰り際に「抜け駆けしやがって」と私に言ったということである。

エリアマネージャーが社員向けの講習の時に、「おまえんとこの店長、店の女性に人気ねーだろう?」と私に言って、私が苦笑いしたのをふと思い出した。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/428-d14c8a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。