外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はい。もしもし。。。」



「もしもし、私、株式会社○○の○○と申します。突然、申し訳ございません。
実は、お客様だけに特別、お得な商品のご紹介を。。。」

ガチャッ!

A君はリストに書かれた番号に、連日、数百件以上も電話を入れて、
アポイントをとり、商品を紹介し、販売するという営業をこなしている。

今月も月間の予算達成にはとてもたどり着けそうにない。
部内の壁には営業成績のグラフが貼られている。


月末が近くなると恒例のことだが、朝のミーティングで上司が成績下位の人間を名指しで指名して、
”なぜ、成績があがらないかの理由を詰めてくる”、声の枯れるくらいの大きな声で「自分が全部悪いです。自分の気合が足りないからです。
必ず今日、結果を出します。絶対、今日、結果を出します!」と叫ぶ。

後輩たちの何人かが成績が良いのも焦りに拍車をかけている。

でも、今月も予算は達成出来そうにない。。。




ディナーの営業を終えて、控え室で飯を食いながら自分の携帯をみると旧友のAからの履歴が残っていた。

メールで”どうしたの?”と送ってみる。

10分ほどして、Aから”仕事中?ごめん。今度、飯でも食おうよ。愚痴聞いてよ。”ときた。


自分のスケジュールを確認して、”○月○日なら、24時間一応、オフで大丈夫だと思う。”と返信する。

”了解、また、メールします。”と戻ってきた。



外食産業を選ぶの人間のどのくらいの人間かはわからないが、営業が嫌だから消極的な選択として外食を選ぶ人間が多い。

とりたてて、資格を持っていない3流以下の私大文系の人間が職業を選ぶ際の選択肢というのは結構、限られていている。

楽そうだし安定しているから公務員になりたいけど、倍率は高いし就活と並行して勉強しても難しそうだし。。。

かといって、営業はきつそうだし。。。

小売とかの販売も給料やすそうだし、御歳暮とか御中元とかケーキとかとにかく、売ってるものを自腹で買わされそうだし。。。


外食だったらバイトしてて、そこの店長とかって結構、楽そうだったし、営業とかしなくていいし、
店長になっちゃえば普段、上司がいないからやりたい放題できそうだし、
車で通勤できるし、結構、そういえば、店長とか社員とかいい車乗ってたし。。。
一部上場の外食だったら、知らないような会社で営業職になるよりマシかなぁ。。。


なんて考えて、消極的選択として外食にくる人は結構、多いと思う。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/427-089af22b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。