外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外食で働こうと考えている人に少しだけ考えてもらいたいのが、自分がその仕事に向いているかどうかだ?


例えば、私がこの業界に進んだ一つの理由として、やはり食に対して同世代の同性よりも、
それまでの短いながらの人生においてのプライオリティーの上位に食がきていることがあげられる。

簡単にいえば、食いしん坊ということだ。


例えば、10万円を好きに使っていいと渡されたら、あなたなら何に使うだろうか?

一番先に食べることが頭に浮かんだらかなりの食いしん坊だと思う。

先日も横浜に所要があり、ふと行列ができる回転寿司屋に一人で30分近く並んで昼ご飯を食べてきた。
正直、ほとんどが家族連れかカップルだけだった。

別に特別気合も入れないで、30分も並んで昼飯に3000円前後を普通に使う男性ってあんまりいないかもしれない。

まぁ、私の場合はそれがおそらくこの業界に進んだ根源的な理由だと思う。

実際、食べることとか、料理を作ることに全く興味がない人間が10時間とか15時間とか立ちっぱなしで、
食べ物の匂いが常に漂う場所で料理を作ったり運んだりするのは厳しいと思う。


仕事を続ける上で食に興味があるのは最低限の条件だと思う。


10代の頃、コンビニでバイトをしていた。
たった5時間とかがひどく長くて退屈でたまらなかった。
ずっと、店の時計をみてて早く終わらないかと思っていた。

そのあと、ファミレスでバイトをして、皿洗いとか掃除は楽しくなかったけど、
仕込みとかちょっとした調理をさせてもらうと楽しくて時間が経つのがあっという間だった。

まぁ、でも、今まで、このブログを読んでくれた人たちはわかると思いますけど、それだけじゃ、むつかしいのは言うまでもないですが。。。

つまり、食いしん坊だったら、絶対、外食産業に進むべきなんて言えません(涙)




追伸

アンナミラーズが国内でついに一店舗だけになったそうです。
行ったことがないので一度、行ってみたいと思い、wikiとかホームページとかでチェックしてしまいました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/419-dfb48661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。