外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

ヘルプに行った。


キッチンに30歳くらいの中国人の男性がいた。

日本語が通じない。
でも、入ったオーダーは作れるようだ。
コミニケーションもなく、時間が過ぎる。

彼のあがり時間の10分くらい前になった。

突然、オーダーが入ってないのに料理を作り出した。

「どうしたんですか?オーダー入ったんですか?」と私が訊くと、愛想笑いを浮かべるだけで何も答えない。

フロアーの顔見知りの男の子に、「突然、料理作り出したんだけど?」と訊くと、
「あぁ、それ、自分の飯作ってるんですよ。」と言う。


「え、でも、まだ、仕事中で、時間まだだよ。」とフロアーの子に私は言う。

フロアーの子は、「○さん(中国人の男性)、次、コンビニでバイト入ってるんですよ。」と当然のように言う。



振り向いて中国人の男性を見ると、愛想笑いを浮かべながら、料理の仕上げに入ってる。

ちょうど、上がりの5分くらい前にその料理を持って、
たどたどしく「オサキニシツレイシマス。」とだけ言い、控え室に行ってしまった。


フロアーの子に「マジで?」と言うと、彼は「次コンビニ入ってるんで、いつもそうなんですよ。」とニコニコと言う。

キッチンを無人にして、控え室に行き、飯を食べてる最中の、その中国人男性に、「まだ、仕事の時間ですよ。」と私は言ったが、ニコニコと笑いながら、私の問いかけには無視して彼は飯を食い続けるのであった。


しかも、勝手にアレンジしてオリジナルのどんぶりの様な料理を作っていた。
なんかちょっと中華丼風でおいしそうでもあった。


そしては私はあきらめてキッチンに戻るのであった。


ちょうど、正規のあがり時間ちょうどくらいに、パントリーに私服姿で現れた中国人の男性は、「オサキニシツレイシマス。」と言い、店を出ていってしまった。

彼が帰ったあと、キッチンで一人で「ニーハオ」と小声で呟いてみた。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/10(金) 16:43 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/14(火) 14:34 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/17(日) 00:53 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/417-e0710cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック