外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露


10月の某日、私はまだ、大学4年生だった。

とある外食企業の内定式に出席した。

都内の某所、その内定式が行われている会場の他のフロアーには、他の企業の内定式も執り行われており、
外食企業なんかエントリーもしないような優秀な学生たちもたくさんいて、
テレビが伝えてるような人気企業ランキングの上位の超有名企業の社名が”○○商事 内定式”みたいな文字が白字で黒の看板とかに書かれていて、
なんか身分の違いのようなものをヒシヒシと感じたのであった。

それは無名の公立高校の学生だった頃、女の子にモテることがばかりを考えていたときに、
都内のおしゃれな有名私立進学校に通っている奴らに対する嫉妬のような憧れのような、
なんともいえない儚い思いに似たもので、”人間というのはやっぱり肩書きとかに弱いもんなんだ”と自問自答していたのであった。


そんなわけで私は大学4年生の頃、10月に某所で外食企業の内定式に出席していたのだった。



その外食企業に内定を貰ったとき、正直な気持ちとしてまったく嬉しさとかはなく、
ただ、単に就職活動を終わらせていいのかどうかという気持ちしかなかった。

結局、その企業に入ることに決めたのだが、内定を貰ってから大学を卒業するまで私はいつもイライラしていたし、
両親や周りに当り散らしていたのであった。

結局のところ、私自身が弱い人間であったというだけの話である。

内定式ではなにをやっていたのかすっかり忘れてしまったが、人事のよくしゃべる女の社員が、
ちらりとマイクでこんなことを我々内定者に言ったのである。

「入社式までに経営理念のところ覚えてきてくださいね。」

優しげで本当に軽く話しかけるように一言だけ彼女はそう言ったのであった。

聞き逃した奴もいたと思う。

でも、聞き逃してはいけない一言だったのである。


To Be Continued
コメント
この記事へのコメント
お疲れさまっす!
久々に覗いたら一杯更新されてて、読むのに苦労しましたw
でも、相変わらずおもしろいですね。
はたで見てる分にはw

負けずに頑張ってください。
2012/02/03(金) 19:36 | URL | 猫の手 #-[ 編集]
あどうも、ありがとうございます。
いつもコメントありがとうございます。
2012/02/03(金) 23:10 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/410-2299022b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック