外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動車メーカーの期間工の事件について昼のワイドショーで評論家がコメントしていた。


どの自動車メーカーも今、減収増益らしい。

売り上げは減ってるのに利益があがっているのは、無駄な経費をさらに削ってリストラを推し進めた結果だそうだ。


期間工も、以前に比べて要求される仕事の内容や量が以さらにレベルが高いものになって、それについていけなくて短期間でやめる人もいるそうだ。


もちろん、それは自動車メーカー全体についてのコメントで、今回の事件が起こった直接的原因とは違うかもしれない。




ただ、外食産業も似たようなもので、バブル崩壊前とそれ以降とでは、現場で働く人間に求められる仕事の量や内容は高校生のアルバイトでさえ比較にならない状況になっている。


だから、40代後半の店長が高校生のアルバイトが一人出られなくなっただけで休みがつぶれてしまったり、高校生が責任者のバッヂをつけて、接客している姿もめずらしくないのだ。



年配の女性が面接をしてほしいと電話してきたことがあった。

「皿洗いとか掃除とかでも遣ってくれれば。。。」と電話で私に言った。



「申し訳ないですが今、うちでは清掃だけという採用はやってないんですよ。。。」と私は断った。
コメント
この記事へのコメント
 私の働く店で、日曜日の午後2時頃、満席で待ちがかかっているのに従業員が順に休憩に入っていく結構きわどい時間に、「入口の掲示してある募集を見て、お話伺いたいのですがよろしいですか?」と世間擦れしてなさそうな女の子が「平日3日間位しか勤務出来ないのですが…」と話があったそうで(この時点で他を探せば?週末の正にこの時間忙しいのに空気読んだら!と思いながら社員が対応しているのを横で見ながら)「週末も働ける人を募集してるんで…」とやんわり断られたそうだ。すると「土日どちらかなら働けると…」更にいってきたという。相手がこうして欲しいと思う事を少なからず読めないと、接客って向かない部分があると思うけれど、今回、例え面接になったとしても、このバットなタイミングでやって来た娘は、採用されないでしょう。作業が限定される場合や、時間や曜日がかなり限定される場合は採用しにくいみたいですね。
2010/06/28(月) 02:01 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/379-1ce66452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。