外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的に異論や反論は大歓迎である。


私の考えとしては、あくまでもこのサイトは私の経験やみてきたことの範囲内で書いてるだけなので、外食産業の全部を語ってるとは一切、思っていない。


100人いれば100通りのストーリーがある。



私が学生時代に外食産業に入ろうとした就職活動の時期も一応、ネットなるものはすでにあって、色々、情報収集をしようと実際に外食で働いている人たちに本当のリアルな部分を聞き出そうと、そういう個人がやってるしがらみがない外食系のサイトとかの掲示板に書き込んでみたものの、なんか歯切れが悪い返答しかしてくれなくて、本当の部分は結局わからなかった。



入る前の想像と入ってからのギャップの違いは本当に大きかった。

特に社員とバイトの力関係とか、社員の労務状況にはマジで驚かされた。



だからなのかわからないけど、サイトを立ち上げたような気もする。。。


気もするというのはあくまでも個人ブログなので、チラシの裏に書いてるのと似たようなもののつもりでもあるので、
他人のためにというよりも、暇つぶしというか個人的満足の部分がほとんどなので、書いたことに対して異論とか反論、賛成、色々、反応があっても、なんか他人事のような気がしてならない。

というより、おぉ~、こんなブログでも読んでくれる人がいるんだ。すげーなぁとか思ってしまうのが本音である。



もらったコメントに対してムキになって反論するつもりはないけど、いい機会なので少し自分なりの意見を書いてみようと思う。





(以下、いただいたコメント)

同業者ですが


今年分今まで読んで思ったんですが、可哀想ですね。

あなたが可哀想ではなく、そう言う一方通行の考えしかできないあなたの思想が。


はっきり言ってあなたの周りが外食産業の大部分だと思わないでください。

そういった、この業界はとか決めつけないでください。


私は近畿のあるFCのお店で3店舗三年間働いていますが、あなたの書いている嫌な一面ももちろんあります。

ですが、働いて良かったなという部分はそれ以上ありますから。

(ここまで)




はっきり言ってあなたの周りが外食産業の大部分だと思わないでください。

>>
これはね。人それぞれだからぜんぜん、そんなこと思ってないですよ。
過労死した人もいるし、バイトさえも過労で入院しちゃう店あるし、
失踪して東北でみつかって解雇された人もいるし、過労と睡眠不足でガードレールに突っ込んだ人もいるし、
接客中に倒れた人もいるし、平衡感覚がなくなってまっすぐ歩けないって言ってやめた人もいるし、
人それぞれですよ。
本当に





あなたの書いている嫌な一面ももちろんあります。
ですが、働いて良かったなという部分はそれ以上ありますから。

>>
多分、過労死した人たちとかも働いてて良かった部分もあったと思いますよ。
もちろん、私もね

ただね。

これは外食だけじゃないけど、今、たとえよくても、一年後、否、数ヵ月後、とんでもない状況になってやめざるおえないところまで追い詰められてやめてしまう人も多いんですよ。

店が変わるとやっぱり、状況がまるで変わってきますからね。

つい数ヶ月前、やる気満々だった店長とか同僚が異動でひどいことになって、やめてしまった例は驚くほどみてきました。

だからこそ、離職率とかって仕事選びにとって大事なんですよ。


私も学生時代、外食企業の会社説明会にたくさん行ったけど、ただの一社も離職率を教えてくれた会社はなかったですね。





「そういった、この業界はとか決めつけないでください。」
>>

たしかにこの業界はって固定概念のようにきめつけるのは悪いことかもしれないけど、人生をかけて入ろうと考えてる学生に離職率さえ教えることのできない外食業界って、なんなんでしょうか?





コメントありがとうございました。

サザエさんとかクッキングパパって、小さい子供からお年寄りまで観てても、あんまり批判とかないと思うんですよ。

でも、世の中にある漫画とか映画とかドラマとか本とか音楽とかって、それだけじゃないでしょう?


このサイトは別にサザエさんを目標にして書いてるわけではないんですよ。


そして、別に外食産業を代表して書いてるわけでも、外食産業のすべてを語ってるつもりもないです。

あくまでも私の個人的なブログであります。



追伸

異論反論は歓迎です。
ただ、気分によってはスルーすることもあるし、公開しないこともあるし、このようにそれに対する意見も書くこともあります。

あくまでも私の個人的なブログなので、記事の更新も適当です。

外食の悪い部分も書き連ねることもあるし、そうではない部分も一応、書いてるつもりです。


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/17(木) 20:37 | | #[ 編集]
私も外食で2年程、社員をしてました。
働いてる中で、先輩社員と飲んだり、アルバイトとイケナイ関係になったり、良い思いもさせていただきました。

でも、それ以上に労働環境の苛酷さと理不尽な勤務体制には耐えられませんでした。

このブログに書いてある事は確かに、ある外食産業の会社の一例にしか過ぎませんが、似たような例は数え切れない程あると思います。

辞めてから数年経ちますが、「辞めなきゃよかった」と思った事は一度もありませんよ。
2010/06/17(木) 22:23 | URL | hidero #zVpgn9mk[ 編集]
生活の為に働いて離婚率高くなったんでは話になりませんね。

そういう人に限って離婚や離職するもんです。

2010/06/18(金) 02:56 | URL | #-[ 編集]
同業者のような、そうでないようなwww
まぁ賛否両論ありましょうが、リアルに経験はなくとも、見たり聞いたり、実感できる世界が、このブログにはあるので、僕はここ好きですね。

ただ、ひとつ言えることは、会社のために身を粉にして働いても、会社はその人の人生を保障してくれるわけではないから、そこから逃げ出すのは間違っていない、むしろ正しいってことですかね。
2010/06/21(月) 22:41 | URL | 猫の手 #-[ 編集]

なかなか、その立場にならないと中のことはわからないものです。

人それぞれ

2010/06/23(水) 18:32 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
いつもブログ拝見してます。私も元外食社員ですが、ここに書かれていることを懐かしく思い、また考えさせられます。外食は辞めて良かったと思ってますし、一生出来るものではないですね。
2010/07/08(木) 07:29 | URL | #-[ 編集]
「外食産業」で括るのやめてくれよ、「チェーン外食産業」だろ、ここの内容
オーナーシェフが開いてるようなまともな料理店じゃこんなのないぞ
俺自身オーナーシェフだけど毎日楽しくやってるよ
2011/05/01(日) 17:04 | URL |   #-[ 編集]
↑の方のおっしゃる通りです
まあ、チェーン外食産業ってのは利益を出してナンボって感じですから、本当に美味しい料理を提供して満足してもらうとか本格的に料理にこだわり抜いてる料理店なんかとは方向性が全然違いますよね。サービスが先か利益が先かって感じで。好きでやってる人と生活のためにやってる人では全然モチベーションもQSCの品質も段違いだと思います。私も飲食業界全てがこうだとは思ってません。管理人さんは今のお仕事が好きなのでしょうか?ブログでおっしゃっる通り外食産業は人材使い捨て産業だと思いますので、余計なお世話だとは思いますが、一度方向転換を考えられてはいかがでしょうか?身を削り続けてこの先得られるものはあるのでしょうか?私も同じような立場だったのでお気持ちがわかりますが、辞めて後悔はしていませんね。
2011/07/18(月) 10:44 | URL | 元外食社員です #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/378-1c295390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。