外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある店で、夕方からくるはずの大学生が来なかった。

ヘルプ先の店だったので、その店舗所属の先輩社員が携帯に電話をするがつながらない。

しばらくして、大学生は来た。


私はキッチンにいてよくわからないが、どうやら朝にかけもちのバイトをしていて、それが終わって家で休んで寝ていて寝過ごしたらしい。

しかし、大学生は謝る事もなく、急いで着替えてキッチンに入ってくることもなく、ドリンクバーでジュースを入れて控え室でそれを飲みながら一服し始めた。


先輩社員がぶちきれて、彼に説教を始めたが、言い合いになってしまった。


「疲れてんのに来てやってジュースくらい飲んでもいいだろう!」という大学生の声が聴こえてきた。


先輩社員がパントリーにきて、凄く怒った顔で私に、「○○君(私)、あいつが入ってきても無視していいから。」と言ってきた。


私は軽く相槌を打ち、作業を黙々と続けた。


もう、本当に疲れていてどうでも良かった。

先輩の眼も充血していた。

連日のように朝方、近くのカプセルホテルへ私は車で先輩を送っていっていた。


一時間程度で家に帰れるけど、車で10分のカプセルホテルへ行く方を選択せざる負えないくらいの状況が続いていた。


大学生がキッチンに入ってきて、私に先輩の悪口を言い始めたが、私は黙々と作業を続けた。



それからしばらく日数が経った時に、エリアマネージャーがきた。

この大学生は金髪でソフトモヒカンでピアスに髭面という状態だったので、エリアマネージャーは店長にあいつをなんとかしろと迫った。

店長が大学生と話し合った結果、とういうより、諭そうとした瞬間に、「俺、じゃあ、やめるわ。」と言った。

店長はすぐに辞められたら困るので、「一ヶ月だけやめるのを先延ばしにして欲しい。」とお願いした。


その後、エリアマネージャーが大学生がいる時にきたかどうかは私にはわかんないが、大学生はその後の1ヵ月、私といっしょにキッチンで働いている間、ずっと、「こんな安い時給でしんどい思いして働く奴なんていねえよ。」とか言い続けた。


実際に店はさらに崩壊し続けた。

コメント
この記事へのコメント
ダイヤモンドオンラインの記事に載りましたね。

すっごい出世っすね!!
2010/04/11(日) 23:34 | URL | 猫の手 #-[ 編集]
深い出来事ですね。
その大学生どうこうというより、
その店の現状や経営に問題があるんだろうな。
考えさせられました。
2010/04/19(月) 16:16 | URL | とも #-[ 編集]

あざーす

2010/04/28(水) 20:11 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
そんなやつマジでぶっとばします…
管理人さんの温和な所を心から尊敬しますわ…7
2011/08/18(木) 01:50 | URL | やばいね; #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/359-7521b3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。