外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店のバックヤードに僕の下駄箱にキッチン用の靴がなかった。

しかたなく、サイズが同じくらいのほかの人のを勝手に履いて、キッチンに入った。



しばらくすると先にキッチンに入っていた高校生の子が僕の靴を履いているのを発見した。



「それ、俺の靴じゃない?」


高校生はふてくされた顔で、ぶつくさ言って、謝罪もなく、その場で靴を脱いで

靴下のままキッチンを出てバックヤードのほうへと行った。


かかとが見事に潰れていた。

しばらくすると、高校生が戻ってきて、仕方なく僕が履いた他の人の靴がその高校生のだったらしく、そのことについてふてくされて文句をぶつくさ言ってきた。



90年代、僕が高校生の頃、ファミレスでバイトしていて同じようなことをしていたら、おそらく、僕は怒鳴られていたに違いない。

コックコートは汚れたらクリーニングに店が出してくれて、土日祝日は時給が割増しで、正月も正月手当てがついた時代だ。




高校生はその後、受験を理由に辞めて行った。

時は流れ、店長も代わったけど僕はまだ、この店に残っていた。


すると、彼は彼女を連れて店に食事に来たりもしていた。


僕ならどうだろう。。。


自分がバイトしていた店にわざわざ彼女を連れて食事に来るだろうか?


さらに時は流れ、彼は僕がキッチンで作業をしていると勝手にパントリー内に挨拶なしに入ってきて、無言のまま勝手に控え室の方へと入っていった。


控え室から彼を知る従業員のおばちゃんとの談笑が聴こえてきた。


しばらくすると店長がパントリーに入ってきたと同時に、彼は控え室から出てきて、面識の無いこの新しい店長を無視して無言で客席に戻って行った。


店長は僕に「何者?」と訊いて来た。


「前いたバイトの子です。。。」


店長はそれ以上、何も言わなかったが不機嫌そうだった。
コメント
この記事へのコメント
糞だなこのガキ
2011/08/18(木) 02:03 | URL | ・・・ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/354-138b69ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。