外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「○○くーん(私)! ○○さん(10時からくるはずの30代の主婦)は、まだこないの?」

ランチキッチンのボスのおばちゃんは度迫力の顔でキッチンから僕に言った。


「いやぁ。。。あの。。。電話かけてみます。。。」


電話をかけると、つながって、30代の主婦は、「今から行きます。」とあきらかに寝ていて、遅刻してしまったような感じで電話に出た。

「すぐお願いします。」と僕が言うと、30代主婦は「20分くらいで行きます。。。」と言った。


それをボスに伝えるとボスは、イライラした様子で、「これじゃあランチ間に合わないわよ。私の休憩どうなるの?なんで、○○さん遅れてくるの?理由訊いたの?」とまくしたてた。


とりあえず、フロアーの主婦に協力を要請して、僕がキッチンに入り、ボスをなだめて、遅刻主婦を待った。


20分位したら、遅刻主婦は申し訳なさそうにやってきた。


ボスと僕に「体調が悪くて」って三文芝居でもやらないような安っぽい演技のような体調が悪そうな表情で、遅刻の原因を体調が悪くてということで言い訳した。



バイト先で遅刻してきた輩が言う言い訳の上位3本の指に入る言い訳である。


でも、普通に考えて体調が悪ければ連絡すればいいのであって、連絡できなかった理由にはならない。


体調が悪くてうっかり二度寝してしまって連絡できなかったというのならわかるけど。。。



まぁ、たいていは言いつくろってるだけであると思う。


でも、ボスはその主張を信じたみたいで、とんでもないことを言い出した。



”遅刻主婦は体調が悪いからこのまま働かせるのは可哀想だから、夕方からくるはずの店長を呼んでキッチンに入れて、彼女をお休みにしろ”と言い出した。

さらに、明日もこのまま体調がどうなるかわからないから、”私が早く出てきて、遅刻主婦の代わりをしろ”と言い出
した。



結論から言うとその全ての要求が通ってしまった。




多分、ボスに単に寝坊したなんていったらえらいことになるから、遅刻の理由を体調が悪いと言い訳しただけだけど、そういう流れになってしまって遅刻主婦もボスの提案に乗らざる負えなくなってしまったのが真相だと思う。



店長に電話をかけさせられて、不機嫌そうな店長につながったら、その電話を奪って、捲くし立てるように「可哀想だからきてあげて。」と言い、店長もそれにしたがってやってきた。



ボスが帰った後、控え室で店長に僕は言った。


「多分。。。うーん。。絶対、単なる遅刻のいいわけだと俺はおもうんですけど。。。」


店長は渋い表情で言った。


「しょうがねえだろう。ああなっちゃったら、もうよぉ。。。明日、大変だけど頼むわ。」


「はい。。。」






勘違いしてはいけないのだ。

必ずしも社員とアルバイトのの関係を絶対的上下関係で支配できるなんて。。。


「おめーらが指導力がねえだけだろう!」と思うかもしれない。


ジーコが鹿島アントラーズで選手だった頃、日本人の監督がいたが、監督としてジーコを駒のように扱えただろうか?


この店長が店にやってきた時に、「人が必要な時間帯とその人数を紙に書いて渡してくれ」といわれて、言われたとおりに渡したら店長は驚愕していた。


そして、この店長が采配をふるっていたら、さらに店の人手不足は深刻になり後輩社員が一人増えることになった。

後輩社員が僕の店にやってきたせいで、抜けた店の店長はしばらくしてこの会社からいなくなってしまった。

コメント
この記事へのコメント
僕が高校生でバイトしてたときも考えられないですね。こんなことをしたらきっと大学生のお姉さまがたにボロクソ言われていたことでしょう。なんでここまでバイトの質が落ちたんでしょうね?
2010/03/23(火) 22:59 | URL | 元バイト #-[ 編集]

人を選べない状況ですからね
2010/03/24(水) 13:38 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/01(木) 10:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/353-4cb59780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。