外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この頃から、私のことをバイトと同様に扱っていた店長が、少しだけ私に色々と言うようになってきた。


その一つが、その仲の悪いおばちゃんに色々と注意しろと言うのだ。

「〇〇(私)、もっとさ、○○さんに社員なんだから、注意したり指示しろよ。」


一応、「はい。」とは返事するのだが、いつも心の中で考えていたのが、店長自身の考えとして、口に出して言っていないが、「但し、絶対やめないように。。。」という条件付きであったのは肌で感じていたし、もし、私が本当にきつく注意して、おばちゃんが帰ってしまって、次の日とかに電話とかでおばちゃんが文句を言ってきたら、絶対に店長はおばちゃんの味方をするのは容易に想像できた。


だから、結局、私は毎日、耐えることしかできなかった。

そして、スケジュールができる度に、おばちゃんとダブるところをまず、最初にチェックしたものだった。



当時、一応、店長に「最低、30分前には出社しろ」と言われていたが、夜からの出勤でおばちゃんが控え室にいるのがわかっていたので、顔を合わせたくなくて、店の駐車場で心の準備をして、15分前くらいに店に行ったら、店長に「30分前にこいって言ったろうが!それでも社員なのかよ!」と怒鳴られたことがあった。



おばちゃんに注意することもできず、店長に自分の立場を説明することもできず、とにかく、黙って耐え続けるのがベターだと思い、過ごしていたのだった。


それが新入社員の頃、辛かったことの一つである。



嫌いな人間と同じ空間でいることがこんなに辛いなんて思わなかった。

それが経験として良かったかどうかはわからないが、職場の人間関係に悩んでいる人の悩みなんかを聞いて、その辛さをある程度は理解できる人間になったとは思う。



ちなみに、そのおばちゃんは結局、あとにその店に配属になった店長のスケジュールに怒って、来なくなってしまい、そのまま辞めたのであった。


また、私にとって、そのおばちゃんが一番嫌な人間ではあったが、客観的にみて、同じくらい店にとって不要なバイトは他にもいっぱいいたので、少人数の管理者で人を使って商売をするのがいかに難しいかを私は入社してすぐに配属された店で身をもって学べたのである。
コメント
この記事へのコメント
人間関係って難しいですよね

でも、続いているアルバイトを大事にする店長の気持ちもわかりますよね。
ホント難しいです・・・
2010/02/21(日) 21:13 | URL | こちくん #-[ 編集]
人間関係がよければ多少のことはがまんできたりしますからね

2010/02/22(月) 17:55 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
結局なにが言いたいのですか?
不幸自慢は呼んでて疲れます。
俺は今年から外食で働きますけど、この会社は全社員が取締役が目指していて
将来的には取締役1000人は誕生するのでポストは膨大にあります。
貴方が言っていた一生店長でいいなんていうと白い目で見られますよ。
もちろん俺も取締役目指して会社に骨をうめますよ。
自分が不幸の主人公気取りだからいつまでたっても辛いんじゃないですか?
用は貴方の甘えです。以上
2010/03/06(土) 15:28 | URL | 通りすがり #ReOT891Y[ 編集]
とうとう工作員まで出る始末か…
2010/03/14(日) 00:50 | URL | ガンバス #HKRQfE4I[ 編集]
自分が不幸の主人公気取りだからいつまでたっても辛いんじゃないですか?
用は貴方の甘えです。以上

かもしれませんな


とうとう工作員まで出る始末か…

異論反論、大歓迎です
2010/03/24(水) 13:34 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
休みが取れない、忙しい、人が足りない
このような厳しさはどの業界にもあるのです。
楽して稼ぐなんて甘い考えは捨てましょう。

『食を通して社会に貢献する』
とても素晴らしい事だと思います。

外食産業が悪いように言われているようです。
お客様に笑顔でサービスができる、こんなに楽しい事はありません。
「喜ぶ顔が見たい!!」との一心で、全従業員が日々励んでいるのです。
お客様に満足してもらえる事で、また次に繋がっていきます。

私達はやる気があれば誰でも歓迎します。
女性の社会進出にもすばやく対応し、パワー漲る女性を世に送り出しています。

悪口ばかりに気をとられ、あまり業界研究が進まなかった方も多いと思います。
でも安心して下さい!
お近くのファミリーレストランに立ち寄った際は、是非スタッフに声をかけてみて下さい。
これまでの嬉しかった事などのエピソードを教えてもらえますよ。

2010/05/08(土) 18:00 | URL | 甘ったれの学生へ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/345-c6903f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。