外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そのヘルプ先の店で夜の9時頃になり、私は休憩、30代のバイト男性は上がり時間になった。


控え室に行ったら、彼(30代のバイト男性)は堰を切ったように6時からきた40代のバイト男性についての不満を私に話し始めた。


「あの人とは普段、口きいてないんですよ。」

彼は怒ったように私に言った。


私は興味は無かったが、無視するわけにもいかず、「え?どうしてですか?」ときいてみた。


「今日だってありえないでしょ?」

「混んでるのわかってるんだからギリで入ってくるなんて。。。」
(実際には5分くらい前だったのでギリではないが。。。)


彼の主張には同意できなかったが面倒なので、「あぁ、そうですね。」と言った。


すると彼は少し満足気な顔をして、さらに話を続けた。

「だから、俺、店長に言ってやったんですよ。」

何を言ってやったのかわかんなかったので、「え?」と私は言った。


すると彼は、「いつも、あぁなんですよ。」、「『あの人はやる気もないしどうしようもない人だ。』って店長も言ってましたよ。」と私に言った。



ちょっと私の考えとはだいぶ違うので私なりの考えを少しだけ言ってみた。

「でも、時間通りにきちんと働きたいっていう人もいるから、どうなんですかね?」


彼は私の意見に少し腹を立てた様子で興奮したように反論してきた。

「でも、でも。。きてくれてるお客さんを待たしてるわけだし、混んでんのわかってるんだったら、お互い様なんだから少しくらい早く入ってくれてもいいじゃないですか?」


こんなところで議論してもどうしようもないけど、訴えるように主張する彼に私はもう少しだけ自分の意見を言ってみた。


「だけど、店は6時からの分しかお金を払っていないんだから、それを無償で強制するのはおかしいし、もし、本当に6時前に入ってもらうなら、それ相応の賃金を払って、店長なり管理者がお願いすべきだと僕は思うんですけどね。。。」


彼はあきらかに不満げだった。


「まぁ、でもむずかしい問題だけど、○○さんは、お金ももらえないのに自分の時間を削ってはたらくの嫌じゃないですか?」

彼は自分が褒められてると受け取ったようで嬉しそうに少し照れた様子で言った。

「いやぁ、別に自分は好きでやってるから。。。」



このようにサービス残業したり時間前から頼みもしないのに入ってきて働くアルバイトの人はたくさんいる。

でも、往々にしてそれは自己満足的な部分も多く、自分の行為を自分で美化し自分に酔いしれていることも多い。


そして、毎度のことながらそれは、”自分は店の為に働いていやってる。”という意識を生み、”他のアルバイトより店に貢献してるんだから、他の奴より優遇されてしかるべき。”という考えも生み出してしまう。。


そして、自分と同じような行為を他のバイトに強要したり、そうしない場合は批判したりするようにもなってしまう。

さらにそれを支持する人も出てきて、店長や社員もそういった人たちを「やる気がある人」と特別扱いしだし、店の重要人物として扱い、それについていけない人たちが店をやめていき、新人も当然、バカバカしいのですぐやめてしまい人手不足が慢性化してしまう店になってしまう。


結果的に、この店も人手不足でどうにもならなくなり、私がヘルプできたわけで、この日も2時間以上かけてこの店まで行って、朝11時から朝4時までいたのである。



でも、私がそんなことより思うのは、なぜ、わざわざ自分たちの労働を安売りするような行為をするのかがよくわからない。


結果的に”アルバイトもサービス残業して当然”みたいなことにつながっていく
し、なにより”自分もバイトであるのに、他のバイトが時間通りに働いてきちんと賃金を貰う権利を侵害するような強要的発言をして得意げになっているのが、すごいなぁと思った。


この人に関してははっきりと知らないからわからないけど、こういう人って、かなりの確率で自分発信の行為は正当化するけど、仕事中に一服に行ったり、嫌な仕事は他の人にやらせたり、休みの要望を店の都合を考えずにガンガン出したり、言葉遣いが悪かったり、他のバイト仲間を悪く言ったり、仕事が雑だったり、他のバイトにいばったりしてる場合も多く、混んでる時に20分前に無償で入ってくれるかもしれないけど、プラスマイナスで考えたらマイナス100点みたいな人が多いんじゃないだろうか?


そんなんだったら、どんなに混んでいようと1分前に仕事に入ってくれるまともなアルバイトの方がずっといいわけである。
コメント
この記事へのコメント
ほんとサービス残業は自分だけでやりゃいいじゃんって感じですね。
人に強制するのは違うでしょって。
マイナス100点はどうか分かんないけど、雇われの身にすりゃメンドーでしかないわけで。
自分が自分の目標のためにやんのは止められないけど、自分のためって意識は常にもっとけってね。
誰かのためとかは勘違いで周りの者が疲れるよ。ほんと。
まぁ僕も今じゃサービス残業のオンパレードの身なんだけどね。
2010/02/10(水) 09:21 | URL | たけ #mQop/nM.[ 編集]
結構、自分の価値観を押し付ける人が多いから大変ですよね
2010/02/12(金) 18:19 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/341-99011925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。