外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パントリーで作業をしていた時だった。


竜兵が新人の学生の男の子を「サモア」と呼んでいた。
おそらく、彼の見た目でそう呼んだんだと思う。


ちかくにいたポッターも竜兵がそう呼んでいたのをニヤニヤしながらみていた。



パントリーからキッチンに出来る限り毅然と真剣さが伝わるように大きな声で私は言った。

「きちんと”さん付け”か”君付け”で呼んでください。会社のルールなんで絶対、守ってください。今後、絶対、さっき呼んだみたいに呼ばないで下さい。」


竜兵は、”ちょっと親しみを込めて呼んでるだけだから、たいしたことじゃなくて、コミュニケーションの手段だから”みたいな誤魔化すような笑みを浮かべてこっちをみていた。

しかし、私は厳しい表情で「お願いします。」と少し怒ったように言い、パントリー作業を続けた。




ファミレスに限らず働く現場では、そういう風に、言われる方が嫌がる可能性が高いことを平気で言う人間は結構いる。

しかも、今回のように程度の低いことに、言う方はそれをネタにして笑いをとり、周りを巻き込んで注目を浴びて悦に浸ってることも多い。


やる気があり、せっかくバイトをしに来たのに、こういうことが嫌ですぐに辞めてしまう人も多い。

もっと悪いことに店長だとか社員も一緒になって嫌がるようなことを平気で言ったりする場合もある。


たいてい、言われる方もプライドがあるから、その場で怒ったりすることもあまり出来ず、本当はかなりのストレスになっていても、表面上は一緒に笑ったりしていることも多いので、管理者がそういうことを言わさないようにしなければ本当はいけないのであるが、上記のように人間的に程度の低い社員もいるのが実情である。


今回のケースも単純に新人をからかっているだけでなく、竜兵本人は意識していないかもしれないが、結局は「自分が先輩で自分のほうが上でここでは偉いだ。」ということをわからせる意味合いも含んでいるので、たちが悪いと言わざる負えない。



プロ野球の先輩後輩間で、趣味が良いとはいえないあだ名を後輩がつけられて、先輩にそのあだ名で呼ばれてニヤニヤ笑うしか出来ない状態も近いかもしれない。

たまに怪我をしたわけでもないのにプロ野球を2年くらいで引退してしまったり、大学を中退してからプロ野球選手になった選手とかをみると、なんか色々大変だったんだろうなぁと思ってしまうのである。
コメント
この記事へのコメント
いい年こいたおっさんが。。。
女の子を、ちゃん付けで呼んだり、時には、下の名前を呼び捨てにしたり。。。

みっともないったらありゃしない。
2010/02/03(水) 14:31 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
そういう人もおおいですね
2010/02/04(木) 17:57 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/340-6b26189f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。