外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歴史的な背景があるらしく、工業地帯のその地域では、私の店だけじゃなく近隣の店にも沖縄出身のパートのおばちゃんとか、両親が沖縄出身だというバイトの子もいて沖縄出身者が多い地域でもあった。

愛想がよく、店の従業員の皆にかわいがられていた高校生の男の子がいた。



ある日、その高校生が控え室で私に近寄ってきて、軽い感じで言ってきた。

「○○さん、あのさぁ~」


「うん?」


「親が離婚して、俺さぁ苗字変わるんだけど、なんか届けとかいるの?」


いきなり言われたのでちょっと言葉に詰まったが、「届けとかはいらないけど、給料の振込み先の銀行の名前とか変えるんだったら、(本社の担当に)電話かけて訊いてみるけど、住所とか連絡先が変わるんなら教えてくれないとまずいなぁ。。。」


「あのさぁ。。。シフトとかタイムカードの名前とか変わっちゃうのかな?」


「いや、別に今までの方がいいならそうするし、変えたいなら変えるけど。。。」


「ふーん。どうしようっかなぁ。。。」


「まぁ、おまえの希望通りにするからいつでも言ってよ。」


「うん。わかった。」


「あぁ、あと、”はい。わかりました。”だろう?」


「はい。わかりました。」

いたずらっぽく彼は笑みを浮かべて言うのであった。



「あぁ、苗字変わったらなんて苗字になるの?」

「比嘉」

「うん?」

「比嘉」

「あぁ、比嘉なんだ。ずいぶん変わるな。。。」


「うん。まぁね。」

「うち(店)だと皆、お前のこと下の名前で呼んでるけど、学校とかで苗字にちなんだあだ名使ってたら、それ使い続けんのかな?」

「わかんね。使う人に訊いて」

「”わかりません。使う人に訊いてください。”だから。」


「はーい。」

「まぁ、かえるんだったら、いつでも言ってくれ。」

「うん。」



彼は店の近くの市営団地で母親と兄貴と3人でその後も住み続けて、店でバイトをし続けたけど、家に結構、お金を入れてたりしてる話を店のおばちゃんたちから聞かされたりしてたので、お菓子を買ってきて控え室でいっしょに食べたり、近くの焼肉屋に誘ったりもしたものである。

今、一体、どうなってるんだろうか?

幸せになってるといいなぁ。
コメント
この記事へのコメント
今回の話もいいお話でした後輩たちの良き先輩である事が伝わる内容でした。
こんな先輩ばかりなら、仕事してても気分良くやれるのに…
でもそういう人程、いろんな所から人のやりたくない仕事ばかり押し付けられて潰されることがあるんですよね。ほんと辛いです
2010/01/31(日) 10:35 | URL | 一ファン #-[ 編集]
まぁいろんな人がいて、いろんなことがありますよ
2010/02/02(火) 00:52 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/338-d2643aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。