外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「なぁ、ポッターよぉ。ここいらねえだろう?そう思うだろう?」

竜兵はいつものごとく、スケジュール表をみながら、できたスケジュールについて論評していた。


そのスケジュールでは、月曜のディナーの夕方6時台にキッチンに3人配置されているシフトであった。

配送作業や発注作業を考えれば別に3人いても良いシフトである。

ちなみにその日、竜兵は休みの日であった。


「じゃあ、店長に言って、夕方6~7時の1時間削っていいな?」


その日、そのシフトに絡んでいるポッターは、言い出したらきかないこの中年男の同意に渋々ながらも同意せざるおえないことをよく理解しているので、渋い表情で小声で言った。

「はい。。。大丈夫だと思います。。。」




「なんだ?月曜だぞ?あぁん?嫌なのか?いいのか?どっちだ?決めろ?」

「嫌なら別に嫌でイイんだぞ?」

「あぁん?どっちだ?早く決めろ!」

捲くし立てるように竜兵は言った。



「俺は。。。大丈夫だと思うんですけど。。。他の2人が。。。」




「あんなん関係ねぇんだよ!お前がイイっていやぁ別にかまわねえんだよ。」


ちなみに1時間削られるのは、ポッターではなく他の2人の内の1人で、夕方の6時出勤を7時からに変えようと画策しているのである。さらにいえば、他の2人に竜兵の決定を報告しなければならないのは子分のポッターである。



なんで竜兵がそんなことをするかというと、簡単にいえば、自分のこの店での存在意義を示す為である。


このように強制的に労働時間を減らしてくれるので、その点だけを考えれば店にとって、竜兵は非常に重宝する存在になるので、”自分は店の為に役に立っている”と示せることになるし、一緒に働くバイトの同僚たちには”自分がリーダーである”ことを示せることになるのである。


結局、この件については竜兵の思惑通りに進んで、ポッター以外の2人の内の1人が1時間の労働時間を削られたのであった。



いつだったか、ウズラのおじさんがポッターにポツリと言った事があった。

「若い内から醜いものに迎合ばっかしてると品性がなくなるよ」と。。。


それを言われた時のポッターがとても顔を赤らめていたのが今でも印象に残っている。
コメント
この記事へのコメント
年末年始はもちろん仕事
ですよねぇ。。。

お互い無理しない程度に頑張りましょう♪

それでは良いお年をお迎え・・・しましたね(苦笑)
2010/01/01(金) 00:03 | URL | 通りすがり #-[ 編集]

首都圏のファミレスは元旦のランチとかは暇なんだけど、深夜とか地元に帰ってきた人とかが友達連れできて結構、混むことが多いですバイ

よいお年を
2010/01/01(金) 17:02 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/330-820e4c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。