外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

ある店にヘルプに行った。

中抜けで店の外に行ってお茶を飲んで帰ったら、その店のフロアーのおばちゃんが控え室でキムチとご飯だけで食事をとっていた。


「キムチ、持ってきたんですか?それだけで足りるんですか?」

「そうなのよ。いつもこれなのよ。家で漬けてるんだけど、全然、あきないのよね。」

「小さい頃から、これだけあればいいのよ。」

「へぇー、全然やっぱ、売ってるのと味が違うんですか?」


おばちゃんがちょっと味見するか?と訊くので、少し手のひらに載せてもらって食べてみた。


「なんか、マイルドで奥行きがありますね。」

「おいしいでしょう?」

「はい。うまいっすね。」


次の日におばちゃんがタッパで少し持ってきてくれたので、しょうが焼きに使う豚肉をフライパンで焼いて、そこにお手製のキムチを入れて、ごま油をたらして従食代わりに食べた。


その店に来ていた先輩社員が俺にも作ってくれというので、作ってあげたら、「うちの実家が焼肉屋やってるんだけど、このキムチも旨い。」と満足気だった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/313-d412622f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック