外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある店にヘルプに行っていた時期がある。


そこには私の同期もいたが、あまり本音を話せるような仲には最後までならなかった。

その店は24時間営業の店ではなく、はっきりと覚えてないが朝8時から朝4時くらいまでの営業時間だったと思う。

これもはっきりと覚えてないが、だから実際に従業員が働き始めるのは朝7時から朝5時くらいだったと思う。


で、それまで24時間営業じゃない店のほうが楽じゃないか?という考えをしていたが、そうでもないなぁと感じたのがこの店であった。



いつも、その同期社員はだいたい、出勤時間が朝7時とか8時から夕方5時とか6時まで設定されていた。でも、店長がくるのは大体昼の12時ごろである。

彼と店長が話し合って決めたのか、そこのエリアではそれが暗黙の了解なのか、一度、彼が時間通りに帰って店長に大目玉をくらったのかは知らないが。。。

とにかく、彼は店長より4時間以上先にきているが店長が帰るまでは帰らなかった。
もしかしたら、「帰っていいよ」といわれる時は帰っていいのかもしれないが、1度だけ言われているののをみたことがあるが、それでも帰らなかった。


私はほとんど夕方からラストまでだったので2人には早く帰って欲しかったのだが、店長が深夜2時とか3時まで帰らないこともしばしばあって、彼も朝7時とか8時とかからきているのに同じように店に残っていた。


それで私がいる間に事件は2度、起きた。


彼が遅刻したのだ。遅刻した直後は私はいなかったのだが、夕方に出勤すると控え室で物凄い怒られていた。そして彼は号泣しながら謝っていた。それでも、その後、彼は店長より早く来るスケジュールでも店長より先に帰ることはなかった。

もう一つの事件は彼が通勤途中で睡眠不足で事故を起したのだ。幸いにも人身などではなかったが、車はもう使えない状態になってしまった。


そんな彼のことを店長は彼がいない時にしょっちゅう、私に悪く話すのだった。個人的に嫌いなのか、そりが合わないのか、可愛げがないと感じるのか、店長からみて仕事ができないとみるのかはわから
ないが、ボロクソに彼の悪口を聞かされ続けた。


その時はとにかく、この店の所属じゃなくてよかったと思ったのだった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/298-6898150b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。