外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「仕事は何でも大変なので2年や3年くらいで辞めるなんて根性がない証拠だ!」という人もいる。



バブル崩壊後、経営がやばくなったメガバンクの多くは我々のなけなしの税金で救済された。

利権渦巻く公共施設を覗いてみれば、テナントとして入っている店舗が随意契約で去年も今年も来年も営業している。

市役所の近くのレギュラーがリッターでいくらかも看板で表示していないガソリンスタンドに行くと、市内の公共車が毎日、ガソリンをひっきりなしに入れに来る。その近くに有力市会議員の事務所があり、スタンドの経営者の親戚だと知り合いに教えてもらった。しかも日曜日が休みの強気の営業姿勢である。

大手企業や大きな団体は政治家に献金し、様々な規制で守られている。

大臣が記者会見を行えば、そこにいけるのは限られたマスメディアだけである。

農家は加入する団体から金を借りて農薬や農機具を購入して、作物を作る一方で、作らないこともしている。

我々がふらりと海に行って、サザエやアワビを獲ると密漁になるが、漁業権を持っている人たちは獲る事が可能である。

場合によって公務員はサラリーマンより2割り増しの年金を貰えるらしいが、八百屋のおっさんの年金は公務員の半分以下で、それだけでとても生活できる額ではないらしい。

ある公共団体を定年退職したおじさんの年金は月25万円を超えていて、さらにその公共団体に高齢者再雇用みたいな制度で再度、雇用され、年金と月収で50万円を超えている。でも、私の田舎の同年代のおじさんが工場を定年退職して、ハローワークに行って就職先を探したが、時給700円以下の仕事でもフルタイムどころか週5日も雇ってくれないと嘆いていた。

TVをみていたら60歳を超えたタクシー運転手がTVクルーの取材にこう応えていた。「こんな割に合わない仕事をやりたくてやっているわけじゃない。あんたの仕事と取り替えてもらえるなら取り替えても貰いたい。もう、24時間以上家に帰ってないよ。。。」と。。。もちろん、取材をしているTVクルーが製作会社の人間か、テレビ局の人間かは知らないだろうが。。。

夜中の1時に市内にある市立の小中学校の校舎を眺めても授業は行われていないだろう。ましてや、先生方は校舎のどっかで24時間以上拘束されているわけではない。もしかしたら、当直の先生はいるかもしれないが、ほとんど人気(ひとけ)はないはずだ。

就職活動の時期に大学の同級生で、父親が公立高校の校長の息子がいて、そいつに「就活どうすんの?」と訊いたら、「親父のコネでゲヘヘヘヘ」と言い、結局、大手メーカーに就職していった。ちなみにそいつの小遣いは月5~10万であった。

市の公共施設に行くと清掃で雇われているおじさんやおばさんたちが一生懸命、昨日もおとといもその前の日も拭いてすでにピカピカの綺麗な床や壁や手すりやらを時間をかけて何度も何度も皆で手分けして拭いていた。まるで与えられた時間をすることが無いので潰すかのように。。。



私は夕方、街を車で走っていた。
ロードサイドにいくつもファミレスがあった。
ほとんど全てのファミレスがアルバイト募集の看板やら張り紙を出していた。



入社して半年も経たない時期にヘルプで他の店に行かされた。
昼前に店に着くと、その店に在籍している一期上の先輩が、キッチンから私に向かって、「お願いします。お願いします。○○さん、僕と代わって下さい。もう無理なんです。本当に無理なんです。お願いします。お願いします。」と懇願してきた。

私はあわてて、「何時からいるんですか?」と訊くと、「わからないです。お願いです。代わって下さい。」と泣きそうな顔で言ってきた。

壁にかけてある今日のシフト表をみたら、先輩は今日の夕方からの出勤になっている。
今から6時間後に来ることになっているがシフト表のスタートの時間である朝6時から夕方まではいないことになっている。

とにかく急いで着替えてキッチンに入ったら、客席からその店の店長が戻ってきてパントリー越しに、私が挨拶する前に、先輩に対して、「キッチン代わって貰ったならフロアー手伝いに来い!」と冷たく言い放った。



他人は「仕事なんてなんでも大変なんだ。」とよく言うものだ。


小学校の校舎で若手教師が校長先生に24時間以上拘束されることはないだろう。結婚しても仕事を続ける女性の先生も多いし、妊娠したら育児休暇をとり復職してまた教壇に立つ人も多いだろうし、女性で定年まで勤め上げている人も多い。


一つだけいえることがある。
仕事を選べる状況にある時に、きちんと選ぶべきであると。。。

もっとも、選べる状況であっても、選べる範囲は人によってかなり違いますがね


公務員について 不正採用、縁故採用に関する記事とか
コメント
この記事へのコメント
大変でも身に付く仕事ならいいけど、
外食チェーンはアルバイトと一緒。
大きな犠牲を払って仕事しても
見返りは底辺レベルの給料だけ。
ほんと釣り合わない産業ですよね。


2009/10/05(月) 00:47 | URL | #-[ 編集]
仕事を選ぶという作業はとても大切である
2009/10/05(月) 09:09 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
2、3年で辞める奴に根性無しと言う上司
の大半は、実は保身以外の何物でもなく、それはスタッフが辞めることによって、自分がこうむる被害を避けたいがためのみの言葉であり、そう言われても額面通り受け取ってはいけない。
むしろ、上司は辞めるチャンスがあるなら、一日でも早くやめた方が良いとアドバイスするべきですね、本人のために。
2009/10/06(火) 10:37 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
そうですね。自分の負担が来るし自分の評価につながりますからね。

こういうことをいうのは上司だけじゃなく、辞めた社員のバイトのおばちゃんとかもいうし、当然、両親や親族もいうし、実態を知らない友人たちもいうし、全然関係ない第三者もいうわけです。

人それぞれ、いろんな状況があるにもかかわらず。。。



2009/10/06(火) 11:41 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/296-14f43b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。