外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校時代、学校の近くに、あるラーメン店が開店した。


そこはチェーンのラーメン店で、現在にいたるまで店舗数も拡大し、ラーメンチェーンとしては大手の部類になっている。


当時、学校近くではあったが、通学方向とは逆方向にあった為に行くことはなかった。

初めて行ったのは大学生になってからだったと思う。
味はこってりしてるという印象くらいだったが、チェーンなのに店内が汚く、店員のヴィジュアルも髭に金髪とかで汚いというイメージがあり、その後一度も行くことはなかった。


それからかなりの年月が過ぎて、そのチェーンのラーメン店に気まぐれで行くことになった。

昼時を過ぎていたので客はほとんどいなかった。


店内に入り、テーブルにすわりメニューを確認して注文をした。

ピアスをした若い店員が早口で面倒くさそうに何かを訊いてきた。

何を言ってるのかわからないので、「え?」と言った。

「○△×はこってり、○△×、??」とか聞こえた。

もう一度、「え?」と訊いた。

また、面倒くさそうに少しゆっくりと訊いてきた。
「スープはこってりとあっさりと○△×~?」

語尾は聴き取れなかったが、スープがこってりとあさっりがあるということがわかった。
それをどうするかを訊いてきたらしい。


「それじゃあ、普通で」
と私は言った。


今度は少し強い口調ではっきりと、「こってりとあっさり、どちらになさいますか?」と訊いてきた。


普通があるのかないのか実際は知らないが、ないという説明をするのが面倒なのか、客が知っていて当然と思っているかわからないが、こっちもどうでもいいと思い、「こってりで」と答えた。


また、むにゃむにゃ早口で何かを行って、厨房の方へと行ってしまった。



ラーメンがくるまで携帯をいじりながら時間を潰しつつ、厨房の方へ目をやると麺を茹でる機械が目線に入ってきたのだが、脚の部分とかその機械の下がやけに油汚れが酷い状態だった。

他のところに目をやると食事前に食欲がなくなるので、みないように意識した。



とにかく、ラーメンがきて食べて、金を払って店を出た。

駐車場に行くと異臭がした。

ゴミ置き場の前に野菜の切れ端みたいなのが散らばっていて、その脇に一斗缶がいくつか置いてあった。

腐敗臭と油の匂いが鼻をついた。

店の横を見るとすぐ隣が民家で、苦情がこないのかなぁと思った。


誰かが、「ラーメン屋は汚い方が旨そうだ」と言っていた。

少し前に行った新宿にある超有名なラーメン店は厨房もピッカピッカに磨き上げられてて今までみたラーメン店のなかでトップクラスで清潔だったが、私の口にはまるで合わなかった。


まぁ、どっちも二度といかないと思うけど、商売としては二店とも成功しいると思われるから、私の評価なんてどうでもいいと思うけど。。。

なんにしても、改めて、人を雇って思ったとおりに仕事をさせるのって難しいと思った。


外食産業の裏側
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/284-5f0cfb0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。