外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エリアマネージャーが店にきた。

キッチンの中におもむろに入ってきて、「洗浄器自体とその周りが汚れている。」と言い出した。

それで「清掃はどうなってるんだ!」という話になって、日常的な清掃としてアルバイトたちにやらせなくてはいけないことになった。


結局、私がどうこうする前に店長が一番楽な方法をとった。

つまり、夜の時間帯の一番態度のでかい古参のフリーターに、他のバイトを使ってもいいから、日常清掃に洗浄器とその周りの清掃をするように言った。


アルバイトの価値観はそれぞれでナイーブである。

直接、社員や店長に指示されるのを良しとする人もいれば、バイトの先輩に指示されることを良しとする人もいる。


結果としてアルバイトに洗浄器自体とその周りの清掃をさせることを定着出来たのだが、不満を持っている人間も何人かいることがフロアーのパートのおばさん情報で判明した。

判明したそのすぐ後に、実際に清掃を日常的にメインでやっているバイトの数名から文句を言われた。



実際に日々、清掃をしているバイトA、「結局、○○さん(夜の時間帯の一番態度のでかい古参のフリーター)は自分はやらないで俺たちにやらせるだけなんですよ。不公平じゃないですか?」

実際に日々、清掃をしているバイトB、「どうして、直接指示してくれないんですか?偉そうに○○さん(夜の時間帯の一番態度のでかい古参のフリーター)に命令されるとむかつくんですよね。」



現実問題として、何かをアルバイトにやらせる時はそれぞれの時間帯のリーダー格みたいな人物を通して仕事を落とし込んでいくことが多いのである。

しかし、アルバイトの立場に立った場合、「同じバイトなのになんでこんな奴に命令されなくちゃならねえんだよ?」という不満が往々にしてあるのは痛いほど理解できるのである。

コメント
この記事へのコメント
ちょくちょく見させてもらってます。
応援ぽちぽち。
2009/09/05(土) 16:01 | URL | シレン #-[ 編集]

どうもあざ-す
2009/09/05(土) 21:12 | URL | 外食産業の裏側の管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/283-41aea22b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。