外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

店の食材が配送まで間に合いそうに無い場合、通常、他店舗から借りに行くことになる。

社員が他店舗に借りに行く場合は自分の車を使い、借りに行く場合が多い。

細かいことをいうようだが、この時に消費するガソリンは自費で入れたガソリンであることがほとんどである。

都会の場合は近隣店舗が数キロの場合も多いので、そんなに気にならないが、田舎の場合は隣の店が数十キロであることも多いので、ガソリン代も馬鹿にならない。

借り物だけじゃなく、ヘルプや会議、講習なんかで他店舗などに行く場合も同様に、社員は自分の車で自分のお金で入れたガソリンを消費することが多い。


新入社員の頃、店長や先輩たちに、”外食はいかにロスを減らすかが重要”だと教えられた。

例えば、ビニール袋一枚をロスするとする。仮にそれが1円だとしよう!
1000店舗で1000円、それが365日で365000円になる。


一店舗では些細なロスかもしれないが全店舗、年間ベースで考えると大きなロスになる。



だから、金・物・人・時間のロスをいかに減らしていくかが重要である。



でも、おかしなことに上記(自腹のガソリン代)のように外食産業で働く人間が負担するロスに関しては、ビックリするくらいにいいかげんである。

社員が自腹で使っているガソリン代って、年間ではどれくらいになるのだろうか?


他にもどっかの大手ファーストフード・チェーンや居酒屋チェーンがアルバイトの労働時間の端数を切り捨てていた問題もあったが、あれなんかも象徴的である。

しかも、そのファーストフード・チェーンの方は数年分しかさかのぼって支払わないとかであったと思う。

本当にふざけた話である。

アルバイトの作業動作を秒単位で計算して動作のロスをなくして、人件費を削るくせに、きちんと働いたのに、その分の賃金を切り捨てて、社会問題までになったのに、数年分しかさかのぼっては支払わないなんて。。。


私はこういうニュースなんかをみるたびに思うのは、”強いものにいいようにつかわれる人間である自分を責めるしかないんじゃないの?”である。


残念だけど、世の中は悲しいくらいに、そんな感じで弱者はいいように使われているように思う。


ハンバーグ一枚を焼くスピードを褒められ、煽てられ、やらなくていいようなことまでやらされ、カスカスになるまで使われて、薄々、おかしいんじゃないか?と思いながらも、”豚も煽てりゃ木に登る”って感じで、いいように使われる。。。



借り物の話に戻るが、店で食材が足りない時があった。

店長がシフト表をみて夕方から車で通勤してくるフリーターに電話をかけて、
通勤途中で借りてくるように指示をした。

言い方からして、”お願いではなく指示”であった。


フリーターは労働時間外に自分の車で自分の金で入れたガソリンを消費して、
少し回り道をして借り物をしてから店にきた。



到着したフリーターに店長は「わりぃなぁ」と一言、言った。

そしたら、フリーターは笑顔で「いいっすよ」と満足気な表情をして言った。


細かいことかもしれない。。。

外食の現場では、躊躇せずに、自分の都合のいいようにアルバイトをカスカスになるまで使えるような人間が向いているような気がする。


外食から足を洗ったある知人が言った。

「アルバイトが退社する時間の10分くらい前に、30分以上はかかるあがり作業を命じて、労働時間を極限まで節約していたことがあったけど、それでも上から労働時間の使いすぎだと詰められた」。。。



なんだかなぁ。。。。。
コメント
この記事へのコメント
私は
ペーパータオルをメモ用紙に使うな!
一枚いくらよ!
と指導されました
しかし
やはり私自身おかしくなる寸前までかすかすに使われ、今は人に優しく、物にも優しい店にいます
だけどそれでは利益をあげにくいのは事実です

でもアルバイトとはいえどこの店でも「新人教育」に時間も人もさいているはずです
普通の企業では
3年以内で辞められたらロスだ
とも言われました
そういう感覚って無いんでしょうか?
2009/07/05(日) 23:51 | URL | くらくら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/257-bb521856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック