外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新人の頃の話である


フライヤーの清掃方法を年下のアルバイトに教えてもらった。

営業をしながらだったのでうる覚えだった。

そして、何日かして自分がフライヤーの清掃をやることになった。


その年下バイトに「~さん(私)、俺、営業やってるんでフライヤーお願いします。」みたいに言われて、彼はそのまま控室に一服に行ってしまった


私が社員で彼はアルバイト、しかも私の方が年上だが、完全に力関係は彼の方が上で、バイト経験なしで入った私は完全にアルバイトに依存しないとやっていけない状態であった。




まぁ、とにかく、なんとなくやり始めてみた。


フライヤーにホースをつないで、空の油缶を持ってきて、そこに汚れた廃油を入れる(そんなに汚れていない場合は濾すことになる)

しかし、馬鹿だからフライヤーとホースのつなぎ目の部分を素手で触ってしまい火傷した


無茶苦茶、痛かった

涙が出た

手に水ぶくれができた



それでフライヤーに水を注ぎ、一度、汚れた水を出す。

しかし、馬鹿だから熱々の廃油で満たされた缶にその水を注いでしまい、”ボコボコボコ~~!”って感じに白い煙を出しながら大噴火してしまい、半径1~1.5メートルくらいの範囲が無茶苦茶なことになってしまった。


さらに馬鹿だから、それが収まった後に熱々の廃油で満たされた缶の側面を素手で触ってしまい、二度目の火傷をして、涙を流した

また、手に水ぶくれができた。


涙を流しながら、床掃除をしていたら、そこへバイト師匠が戻ってきて、涼しい顔で、「わかんないんだったら、訊いて下さい」と言われてしまった


さらにお馬鹿だから、フライヤーの電源を入れたまま油を抜いたので、ショートしていた。


そこでバイト師匠にさらに、「ショートしちゃってて、一個、フライヤーつかえねえよ」と言われた。


僕は謝罪をして、床掃除を終わらして、再度、師匠にお願いして、フライヤーの清掃方法の指示を受けて、どうすればいいのかもわからないのでショートの件の後処理も全てやってもらったのだった。

コメント
この記事へのコメント
本当に

  いつも参考になるけど、今回は本当に参考になりました。
2009/07/02(木) 00:50 | URL | NAMA #-[ 編集]
文章が面白くて笑ってしまったんですけど、
昔の自分が思い出されて胸が痛いような。でも笑ってしまいました;
2009/07/27(月) 00:00 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/256-8292255d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。