外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某和食系のファミレスで深夜帯にバイトをしていた40代中盤の中年男性が、そっちだけだと稼げないという理由で、掛け持ちでウチの店でも働きたいということで面接にやってきた。


人手不足が常なので、即採用となりウチでも働くことになった。


おしゃべりで調子の良いおじさんであったが、陽気な性格だったのですぐに店になじんでいった。



私もすぐに仲良しになった。

控え室で私は、そのおじさんと雑談をしていた。



私「でも、和食系だと刺身とか生ものが多いから廃棄が多くて大変でしょう?」

おじさん「いやいや。期限なんて切れても店長とか社員主導で伸ばしちゃうからw」

おじさん「あれで教育店とかいうんだから凄いよなぁ」

私「ん?あそこ、教育店なの?」

おじさん「うんうん。そうそう。店長になる前の社員があそこの店に派遣されてきて、教育されてるんだわ。」

おじさん「そんな店で、廃棄処分の期限延ばすんだから無茶苦茶だわな。」

おじさん「まぁ、ワシなんか2、3日、期限切れても食べちゃうけどねw」

おじさん「そやから、従業員が従食食べたら、”期限切れのを先に食べてくれ。”とか社員に言われてるんよ。無茶苦茶だわな。」


おじさん「まぁ、でも、一応、教育店だから一服とかもうるさくて、1人、1本だけとか決められてるんよ。この店は自由だから、いいよねw」

私「まぁ、別に自由じゃないけど。。。ってか、駄目じゃん、今も仕事中じゃん」

おじさん「あんたも仕事中じゃんw」




個人経営の店より上場企業が経営している店のほうが衛生管理がキチンとなされていると思わないほうが良い。

もちろん、その逆もそうだ。


我々の食の安全とは一体。。。。。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/09(火) 18:27 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/241-47c68b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。