外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フロアーのパート主婦で30代半ばの女性がいた。

いつも、身奇麗にしていて、あまり生活感がなく、独身といってもいけそうな感じであった。

ただ、プライドが高く、口も悪く、自己評価の高い性格で自分のことや自分の子供のことを「ちゃんづけ」で呼んだり、飼い犬の写真を勝手に控え室に貼ったりと、今まで甘やかされて育ってきたんだろうなぁと感じるところが多々あった。

旦那さんも高収入らしく、高級マンションに住み、排気量の大きい外車に乗り、どうしてファミレスでパートしてるんだろう?と不思議であった。


一方で同じくらいの年齢で旦那は自営業の完全なブルーワーカーで、生活感丸出しで化粧気も全く無く、男っぽい感じのサバサバしたパートの主婦が同じ店にいた。他の店ともかけもちをしていて、まさに家計を助ける為という感じで働いていた。


当初は気付かなかったが、この2人は非常に仲が悪く、控え室にいても目も合わさなかった。



ある時、店に20代前半のフリーターがバイトとして入ってきた。

何ヶ月かしたら、彼は男っぽい方のパート主婦と仲が良くなり、よく、仕事中もしゃべるようになった。

いつからか、どちらかが仕事が終わっても、毎回、片方が仕事を終えるまで控え室に残っていて、ずっと談笑をしたりするようにもなった。

それがエスカレートしてきて、店の外でもいっしょにいるところを目撃されるようにもなった。

店内で”2人が怪しい”という噂話を耳にすることも多くなった。



時は流れ、店長と金持ち主婦の仲が悪くなりだし、金持ち主婦が突然辞めることになった。

どういう理由で仲が悪くなったのかは私は知らないが、とにかく、「辞める」と言ってすぐに辞めた。


それから何週間かしたら、男っぽい主婦がかけもちしている店に「若い男と怪しい」という電話がかかってきたり、家のほうにも同様の電話がかかってくるようになった。


ある日、控え室でフリーターが、「絶対、あいつがやってるに違いないですよ!警察に連れてって、ゲロさせればいいんですよ!」と男主婦に興奮気味に言っていた。

他に私と20代前半のバイトの女の子がいて、「それはでも、まだ、わからないから。。。」となだめたが、彼は「そんなことないです。絶対、あいつです。あいつの嫉妬に間違いないです。あいつに決まってます!」と興奮して私たちに言った。


それから1週間くらいが経っただろうか。。。


働くヒト ブログランキングへ
私は夜からの出勤で夜8時半頃に店に着いた。

車が店の駐車場に入るとフリーターの子の10年くらい前のファミリーカーが停まっていて、
私の車のライトが彼の車を照らした。

すると、運転席にフリーターが、助手席に男主婦が座っていて、2人とも号泣していた。

私と目が合った瞬間、男主婦のほうが目を隠し、フリーターの方が目をぬぐった。

私は目線を外し、何事も無かったように駐車スペースに車を停めて店内へと一直線に向かった。


そのことについては店内の従業員には一切、話さなかった。


その後、2人とは店でいっしょになっても、私のほうからも2人の方からも、その話題に触れることはなかった。

そして、毎日が過ぎていって、私は異動になり、この2人がどうなったのかはわからない。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/237-1f6de61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。