外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
客数の多い夏の週末はトラブルが発生しやすい。

人は腹が減っているとイライラするものだし、その上、待たされるから尚、イライラする。


家族や友達、恋人同士で来ていると些細なことでもひっこみがつかなくなることも多い。



蒸し暑い週末の夜の8時頃だったと思う。

私はレジに立ち、高校生くらいの4人組の個別会計をやっていた。

個別会計というのはなかなかの曲者(クセモノ)で、自分が注文したものなのに、それぞれ、どのメニューを注文したかがすぐには出てこないことも多く、「え~と、あと、なんだっけ、なにが残ってます?」とか私に聞いてきたり、「ちげーよ、それ、おまえんじゃねえよ。おまえが注文したのはそれじゃねえよ。」とか。。。という具合に普通のレジの何倍も時間がかかることが多い。


マニュアルでは一応、「個別会計は快く引き受ける」みたいなこともかいてあるが、実際はケース・バイ・ケースのことも多い。


パートのおばちゃんなんかは客にタメ口で「混んでる時はうちは断ってのよぉ。ごめんねぇ。」などと言って断ることも多い。


そんな時間のかかる個別会計をしていると、後ろにどんどん会計待ちの列ができてしまった。

この個別会計グループの会計がちょうど終わったと同時くらいに、次の4人家族できていた40代半ばくらいの赤ら顔の完全に出来上がっているお父さんが口を開いた。

お父さん、「おい! なんでこんなに待たせて個別なんてやってんだよ!ちょっと考えろよ。ボケ!」

この個別会計のグループに対して言っているのか、私に対して言っているかはわからなかったが、個別会計のグループはお父さんの顔をちらりとみて、さっと帰って行ってしまった。

伝票を右手に握り締めながら、お父さんは尚も私にどなり続けた。

私は、「大変、お待たせして、申し訳ございません。」と、平謝りしたが、お父さんは文句を言い続けた。


なかなか、握り締めた伝票を渡して会計をしようとしない。

お父さんが私に絡んできている間も、後ろで客は会計を待っている。

待たされて怒っているお父さんが後ろの人たちを待たせているのだから、人間なんて身勝手なものである。


さらに、お父さんを援護するようにちょっと面長の質素な顔をしたお母さんまで参戦し始めた。

お母さん、「入るのに待たされて、注文するのにも待たされて、料理がくるまで待たされて、会計するのも待たされて、それにそんなに安くもないしおいしくもないし。。。」みたいな感じで文句を言い始めた。

私は再び、「大変、申し訳ございません。」と頭を下げた。


そんな感じのやり取りをしていると後ろで並んでいたカップルの20代後半くらいの男性が言った。

20代後半男性、「そんなこといいからさぁ、さっさと金払えよ! 文句があんならよぉ、後にしろよなぁ。馬鹿じゃねえのか?」

お父さんはそれにすぐに反応して、20代後半の男性の額につくかというくらいの至近距離に顔を寄せて、「あぁ~?」と凄んだが、身長差だけで20センチくらいはあり、どうみても20代後半の男性の方が体格的にみて強そうだった。

20代後半男性はお父さんの挑発にのるような感じでもなく、余裕の構えで悠然とお父さんを睨んだ。

お父さんの無謀な挑戦であった。


働くヒト ブログランキングへ
それを察知したのだろうか、お母さんのほうが、「こうなったのもお前のせいだ!」といわんばかりに私をキッと睨んでお父さんから伝票を奪い、お父さんをなだめて、レジ台に伝票を置き、「もう、二度とこないから」みたいなことを言い、会計を済まし、お父さんと心配そうに不安いっぱいでみていた子供たちを連れて店を出て行っていった。


20代後半男性はそれをみて、「馬鹿じゃねえ」と言った。

そして、何事もなかったように普通に会計をして私に「がんばってね」と言い、帰っていった。


その後、会計を待っていた客の全てに会計時に謝罪をして、会計客がゼロになった頃に料理を運んだり注文をとっていた店長がこっちに来た。


店長、「どうしたの?だいじょうぶかよ?」

私、「はい、だいじょうぶです。待たされて、怒ったみたいです。」

店長、「あんま、無理すんなよ。」


「よくあることさ」と心の中で自分に言い聞かせ、仕事を再開するのであった。

コメント
この記事へのコメント
これぞ外食産業の実態!
今回のエピソードは良かったと思います。アレなバイトの話には少々うんざりしてたもので…。

あの時は20代後半男性に救われた思いでしょう。
ああいう客の存在はありがたいものですよね。
2009/05/25(月) 18:28 | URL | ガンバス #HKRQfE4I[ 編集]
お疲れ様です!
よくあることですね。
そんなときは、心の中で「この人、かわいそうなひとだなぁ」と思いながらも、客の前ではヘコヘコ謝って、バカに徹すればいいんですよ。まちがっても、自分が悪いなんて思ってはいけませんぜ、旦那(笑)

2009/05/25(月) 22:04 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
キチガイだな
俺なら後ろから蹴りいれてるな
しかし嫁ワロタw
似たもの夫婦だわな、子供の将来が怖いよw
2009/05/27(水) 08:19 | URL | ん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/232-d57107d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。