外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「どこまでおわってんだよ!」

嫌味ったらしく上から目線で竜兵が20代のフリーターに対して言っていた。

竜兵は夜9~10時の休憩を終えて夜10時にあがるフリーターと引継ぎをしているという場面であった。


フリーター、「あのぅ。。。からあげの仕込があとちょっとしかありません。。。」

竜兵、「あぁ?からあげが無くなったら、俺がつぶれるっていことかよ?」

竜兵は少し怒ったような顔でフリーターを少し睨んだ。


竜兵との引継ぎはいつもこんな具合で、これから仕事を終える人間にたいする労いの言葉はほとんどなく、引継ぎをする人間にとっては不愉快このうえなかった。


だいたい、まともな人間なら、余計な人間関係の摩擦を避けるためにまずは「おつかれさま」というだろうし、「あとは自分がやるからあがってよ」程度のことをいうものである。


この店での自分の地位を優位にするために竜兵が意識的、あるいは無意識的にこのような横柄な態度をとっていたかどうかは定かではないが、基本的には自分より後から入った人間や年下の人間と引継ぎをする時は、いつも、こんな感じであった。


この数ヶ月前のことである。

そのフリーターがディナーの大学生と引き継いでキッチンで一人営業をしていた。

からあげを使うオーダーが続いて、仕込みのからあげが足りなくなってしまった。

フリーターは少し慌てふためきながらオーダーをこなしながら同時進行でからあげの仕込みをやりつつ料理提供をなんとかした。


しばらくして、その時のことを竜兵に言った。

フリーター、「からあげがちょっとしかないならないって、あいつ全然、言わないんっすよ。あいつ(ディナーの大学生)と引き継ぐとしょっちゅうこういうことあるんっすよ。」

竜兵は涼しげな顔をしながらちょっと得意気に、そして見下したように言った。

竜兵、「からあげなんて、3分もあればできんだろう?別にたいしたことねえだろう?」

フリーターのほうは少し釈然としないような顔をしつつ、黙って聞いていた。


それから、また、しばらくして、例の大学生が今度は竜兵と引き継いで帰っていった。

そして、竜兵が一人営業になった。

からあげを使うオーダーが立て続けに入り、からあげが足りなくなってしまった。

竜兵は大慌てになり、フロアー担当者を呼び、興奮しながら言った。


竜兵、「前のやつが仕込みしねぇから、からあげ、たんねえんだよ!客に断ってくれ。」

竜兵、「おれがわりぃわけじゃねぇからな!」

竜兵、「あいつがわりぃんだからよぉ!」


働くヒト ブログランキングへ
次の日、私は現場に居合わせなかったが、竜兵は出勤するなり例の大学生に顔を真っ赤にさせながら怒り狂ったらしい。

しかも、1週間以上に渡って、店のほかの人間に対してもこのエピソードを興奮気味に聞かせ続けた。

手下のポッターも親分の竜兵を擁護するように「他の仕込だったらまだしも、からあげはないよ」などと発言していた。



うん?
おかしいぞ。。。



からあげの仕込みは3分でできると言っていた竜兵。

でも実際に急に無くなるとパニックになりオーダーを止めてしまい、怒り狂う竜兵。

だから、引継ぎの時にフリーターが「からあげの仕込みがちょっとしかない」と忠告したら余計なことを言うなとばかりに嫌味をいう竜兵。


あれ?
あれれれれw


・「俺くらいできるようにならなくていいから、その半分くらいはできるようになれよ!」

・「俺は仕事ができるから、優遇されて当然だ!」

・「仕事ができるようになってから言いたい事を言える様になるんだからな!」

など歴史に残る名言の数々を発信していたのって誰だっけ?



「からあげの仕込みをしながらでもオーダーをこなせるフリーター」と、「からあげの仕込がなくなるとオーダーを止めてしまいパニックになって怒り狂う竜兵」。。。

あれれれれw

あの名言の数々は何だったのだろうか?


コメント
この記事へのコメント
仕込みは大変なのはわかるけど、明らかにサボりたくてしょうがない人の言い分。

こりゃ、大変だ…。
2010/07/19(月) 17:18 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/230-8b1febea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。