外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(管理人の見解)


残念ながら、外食の店長の仕事の最大の任務は、”アルバイトをフェアに評価すること”ではなく、”アルバイトを利用して、利益をあげること!”です。

もっとも、これは店長も同じで、エリアマネージャーの仕事の最大の任務は、”店長をフェアに評価すること”ではなく、”店長を利用して、利益をあげること!”です。


しかしながら、あなたが憤りを感じて、店長に話をしたのは大正解だと思います。



昔、私がいた店にハタチちょいのフリーターがいたんですが、高校生の時からキッチンで働いていて、18歳くらいでフロアー(接客)で
少し、働いて、それから配達員として働くようになったんですが、彼が私にこう言った事があるんです。
「フロアーはキッチンの3倍くらい楽だったけど、配達はその10倍は楽です。」と。。。


私も社員だから、全部を経験していて、何倍かとはいえないけど、少なくともその店では大変さではまぁ、”キッチン > フロアー > 配達”だと正直、思いました。

もちろん、店の状況にもよるだろうし、口がさけてもアルバイトの前でそんなことはいえなかったんですが・・・


働くヒト ブログランキングへ

でも、時給は”配達 > フロアー=キッチン ”だったんですよね。

仕事の大変さと時給は必ずしも比例しないし、経験値や習熟度でも必ずしも比例しないし、時給をあげる時の評価をする側が必ずしももフェアに評価するとは限らないんですよね。


これは今までこのブログで何度か書いてきたことだけど、バイトも社員も店長もエリアマネージャーも会社も、中には人間的に屑みたいな最低なものもあふれているので、変に勝手に期待してもしょうがないということです。


だからこそ、学校を出て、どんな仕事につくにしても、きとんと調べあげて職を決める必要があるし、バイトの場合は、”仕事はなんでも大変だから辛抱が必要”なんて、高尚な考えは持たずに、バカバカしいと思ったら、もっとまともで楽なバイトをみつける柔軟性をもつことも大事なんだと思います。


ただ、質問者さんは、まだ、高校生なのに大人の店長に憤りを感じて、自分なりの考えを主張できたのは立派だと思います。


社会人になったら、複雑な人間関係(職位、性別、学歴、性格、社歴、年齢、肩書、派閥など)で、簡単にくいものにされ、損な役回りを押し付けられることも多いので、いかに自己主張して、損しないように立ち回れるかが、とても重要になってくるので、高校生の段階できちんと主張できるのはすごいと思います。

(もちろん、社会人になったら、自己主張だけでなく、回りに合わせるということも、もっと求められることもあるので、自己主張をしつつ、回りに合わせて、自分がいかに働きやすい環境をつくれるかが重要になってくるのかも付け加えておきます。)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/185-3b9a761a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。