外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめまして。
とある電力会社で働いている者です。管理人さんの記事、拝読させていただきました。かなり酷い待遇だなと感じた次第です。
ところで、電力業界は業務用電化厨房などの電化機器普及を進めており、外食業界はそのお得意様です。


働くヒト ブログランキングへ
わが社も外食チェーン各社はお得意さまで、もし、外食業界の市場規模が縮小するようなことがあれば、エネルギー業界の販売戦略にも大きな狂いが生じることになり、敷いては営業収入の減少にもなります。

思えば、外食業界は無理な拡大を続けていることが問題であり、その歪が原因で労務環境の悪化を招いていることは管理人さんが指摘しているとおりです。

では、外食業界を縮小させず、適正に市場規模を維持するにはどういう風にすればいいのか?なかなか答えがでません。しかし外食各社の危機感や意識が低いことも問題と思われます。

ラーメンチェーン○○は、採用サイトの中で、外食産業の今後について、「女性の勤労意欲が増し、勤労女性が増加するので、自宅での炊事の機会が減り、ますます外食産業の出番は増える。市場規模も増す」と回答していますが、はっきり言って、こういう形で市場規模拡大を目指すのはいかがかと思います。ただでさえ家庭での食事の機会が減り、食育問題がクローズアップされるなか、外食業界がこの点をカバーするだけの能力があり、その場を提供できるのか疑問です。昨今の消費期限問題、産地偽装問題を見ると、とてもそんな能力があると
は思えません。

管理人さんにおかれましては、外食業界と他業界のつながりにも言及し、今後の
あり方を考察した記事を執筆してくださることを願いたいです。

失礼いたします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/118-17764698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。