外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外食産業以外の話になるが、以前、中学の頃の同窓会があって、貧乏人と金持ちの格差って、やっぱりあるもんだなぁと改めて思い知った。


私が中学の頃、住んでいた地域は新興住宅地で、地域内で線を引いたように所得格差があった。


働くヒト ブログランキングへ
低所得者層が入居できる賃貸の公営住宅が多く立ち並ぶ地域に住む同級生の親は、ブルーカラーの職についていることが多く、ドライバーであったり、職人であったり、零細企業の事業主であったり、工場作業員であったり、片親で母親が夜の仕事で稼いでいたり、基本的には大卒ではないことが多かった。

一方で分譲住宅や持ち家の地域に住む同級生の親は、ホワイトカラーの職についていることが多く、一部上場企業(ブラック企業ではなく、総合家電メーカーや財閥系企業、大手通信関連、商社、エンジニアなど)のサラリーマンであったり、会計士や教師、医者などの専門職についていることが多く、おそらく世帯所得が1千万円を超えているような世帯も多かったように思う。


中学生くらいの頃から、ある程度は格差を感じることがあり、ホワイトカラー世帯の多くは塾に通っているがブルーカラー世帯の子供は塾に通っていない奴も多かった。酷い場合は父親に飯を買ってくるのが遅かったからという、つまらない理由で殴打されて顔がボコボコになって通学してきて教師に病院に連れて行かれた奴もいたし、遊びに行ったら親父が寝てて背中に刺青があった奴なんてのも何人かいた。親の乗ってる車も基本的にはホワイトカラー世帯は高級セダンが多く、ブルカラー世帯は中古車に乗っている場合が多かった。でも、貧乏だからこそ、親が子供に対して教育熱心で、進学校に通って、一流大学に入って、それなりに良い企業で働いている奴も、もちろんいる。

しかし、基本的にはホワイトカラー層出身者はホワイトカラーについている奴が多く、ブルーカラー層出身者はブルカラーについている奴が多いのが現状で、もっと驚いたのが、親がまだ同じ場所に住んでいる奴らの多くはブルーカラー層で、ホワイトカラー層の親の多くは、ほとんどが転居していることが多かった。普通、賃貸物件の方が柔軟に転居できると思いがちだが、住居を選ぶ選択権を持つには金がないと駄目だということだろう。
また、ホワイトカラー層の親で定年退職している親たちは無職で悠々自適に暮らしている場合がほとんどで、逆にブルーカラー層の親たちは定年しても警備や代行運転などで日銭を稼いでいる場合が多かった。

まあ、思ったのが、金がないということは、住居の選択肢も狭めるし、子供の将来の選択肢も狭めるし、定年退職しても働き続けなくては食っていけない。じゃあ、なんで金がないかというと高等教育を受けることができなかったからだ。高等教育を受けることが出来ない理由は金の場合が多い。また、教育が将来の選択肢につながるという発想も希薄なのかもしれない。


生き方や価値観はそれぞれだろうが、一番、言いたいのが、それなりの大学を卒業して外食産業で働くという選択肢はいかがなものなのか?という点である。
今、外食産業で働こうとしている就職活動中の大学生もいるかもしれない。

高等教育を受けられなくて貧乏から抜けたくても抜けられない人が大勢いる。


外食にすすんだ後の20~30年後の未来予想図を考えてみてはいかがだろうか?

一ついえるのは外食産業のほとんどの企業が大卒以外の人間も採用していて、大卒者と一緒に競争させる。つまり、大卒である必要がほとんどない。

他の業界は大卒じゃなくてもできる仕事であることも多いが、大卒とフリーターからの採用した者を同じ職位で、同じキャリアプランで働かせるようなことは、ほとんどない。

僕が仮に低所得者層の親だとして自分の子供を苦労して大学入れて、外食で働くといったら、殴ってでも止めると思う。
だって、苦労して大学を出した理由が全くなくなってしまうから・・・


コメント
この記事へのコメント
こんにちは。いつも拝見しています。ここに書かれていることは、社会学者のピエール・ブルデューという方が研究しています。
彼によれば単に裕福な家庭の子が進学で有利というだけでなく、文化資本(上品で正統とされる文化や教養や習慣等)の保有率が高い学生ほど高学歴である。またその子供も親の文化資本を相続し、同じく高学歴になる。芸術、文学、外国語等の素養に恵まれ、高い階層のハビトゥス(行動様式)を有した家庭出身の子が、学校教育の場において有利となり、試験や選抜競争に打ち勝ち、結果として高い社会的地位を占めてゆくとのことです。
現在は貴族や特権階級に支配される社会ではなく、個人の努力によって成果が認められ階級の再生産は消滅するはずだが、現実には階級の再生産が起こっていると。私の両親もブルーカラー出身で、金銭的に辛いものがありますが、日々社会階層の移動をしようと精進しています。ブログ楽しみに見ていますので頑張ってください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC
2007/10/23(火) 12:21 | URL | ひろろ #-[ 編集]
入社時
私は、外食に入社を決めたとき、親からも就職課の職員からも、殴られること求められることもありませんでした。
管理人さんは入社を決めたとき、誰かに止められましたか。
2007/10/26(金) 13:53 | URL | lesotho@ファミレス平社員 #4jeLTJQM[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/01/02(土) 06:56 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/27(土) 01:03 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/27(土) 18:46 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/29(月) 01:35 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/03(火) 02:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinakoriga.blog96.fc2.com/tb.php/102-f94f953b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。