外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露


小学校低学年の頃、私は木造の古い家に住んでいた。

1年か2年生くらいの頃、小学校で出来たクラスメイトが遊びにきて、
「ボロイ家だな」と言った。

おばあちゃんがいる目の前である。

凄く切なくて悲しい気分になった。


そいつが帰った後、おばあちゃんは僕に「ああいう口の悪い子とは遊ぶな」と言った。


僕はまた、切なくて悲しい辛い気分になった。


その後、父親の仕事の都合で転校して、会社の社宅に入った。

賃貸の古い団地で3DKだ。

中学にあがると他の小学校からも入ってくる奴らもいたので3LDKとか4LDKとかLのついた賃貸ではない分譲の公団やマンションに住む奴らとクラスメイトになった。


「ボロイ団地だな」といわれることはなかったが、あきらかに彼らと生活レベルが違うことを中学生ながらに感じた。

彼らの親のほとんどは大卒でクラウンとかセドリックとかのセダンに乗って、専門職や大企業に勤めていた。



高校の進学先も私立とか上位の公立に進学するやつが多かった。


僕の近所に住むやつらは偏差値の低い私立とか公立とか商業とか工業とか、
高校さえもいけずに高校資格のとれる専門に行くやつもいたし、
入ってもすぐに中退してしまうやつらも多かった。



中学生くらいの頃、僕は自転車で、高校生の頃は原付でよく、街を徘徊した。


そして、なんちゃらヒルとかなんとかメゾンの名称がつく公団のLDKの
やつ等が多く住む地区を徘徊した。





僕は大学を卒業後、外食企業に入社した。


そして一人暮らしをはじめる訳だが、一人なのに2DKのちょっとおしゃれなハイツに住んだ。

家賃も実家の家賃と同じかそれより高いくらいだ。

次に住んだところはオートロックの新築マンションだ。



僕は家に対してコンプレックスがあった。

でも、2DKのハイツの一部屋はほとんど物置状態で、家に帰っても本当に寝るだけで、
オートロックのマンションも出入りが面倒くさくて駐車場も狭く実用的ではなかったし、
宅配ロッカーの使い方さえよくわからなかった。


それくらい仕事が忙しかった。

大学を卒業して新入社員として働き始めるが、外食の場合、店に配属されると社員が店長と二人だけの店の場合は
いきなり店のナンバー2になるわけである。


で、そこでの立ち居振る舞いが非常に難しい。


アルバイトには年上の人間も多い。

場合によってはほとんどが年上のこともある。



しかも、5年とか10年以上アルバイトを続けている人間もいる場合がある。



どうやって接するのが正解なのか正直、わからなかった。



結局、自分の場合はアルバイト経験なしで入ったので年下の高校生だろうが全て敬語で接して、さんづけで接して、
下手に出て教えを請う姿勢を通した。


ただ、そうなるとアルバイト側も自分より下の人間とみるので、
何人かの人は呼び捨てで接してきたし、アルバイトの年下の後輩と接するのと同じような接し方をしてきた。



また、エリアマネージャーや店長は、社員には基本的にはリーダーシップを発揮してもらいたかったらしく、
数ヶ月しか経ってないのに、
「なんで、注意しないんだ!」とか「真ん中に入って声をあげて指示しろ」とか言われた。


でも、だからといって、仕事をサボったり遅刻をよくしてくるようなアルバイトに対して「嫌ならやめろ」とか怒鳴り散らして
やめさせるようなアルバイトの人事権を譲渡されているかというとそんなことはないので、
空気を読みながら、自分が生き残っていくためにその時、その時に最良と思われるやりかたで仕事していくしかなかったわけです。





新店で働いていた。

本当に過酷だった。

人間というものが睡眠がいかに大事かが身にしみて再確認できた。


心身ともにボロボロでズボンも一ヶ月も経たないうちにダボダボになった。




冷蔵庫や冷凍庫、備品の位置なども色々、社員で試行錯誤して寝る間も惜しんで配置していった。



一ヶ月くらい経った日にヘルプで新入社員がきて、この食材の位置はオペレーション的によくないと文句を言いながら帰っていった。


その一週間後くらいに降格された元店長の社員がきて、動線を考えたら、どうたらこうたらと文句を言って帰っていった。


人間というのは感情がある生き物である。

そこで素直にそういった指摘あるいは、アドバイスと言ったほうがいいのだろうか、
それを参考に改良できるものだろうか?


社員一番手の人が涙を流し、私に悔しいと言った。

その数時間後に何時間も前にとっくに退勤時間が過ぎているのにキッチンの配置を疲れ切った表情で改善しているのをみて外食の厳しさを改めて知ったのであった。




外食の店長や社員の仕事の本筋とはなんだろうか?

個人的見解だが、「従業員を通して客を満足させて出来る限り利益を出すこと」ではないだろうか?


従業員を通じてというのがみそである。




外食に入ろうと思っている学生なんかが勘違いしやすいのが、従業員が店長や社員の言うことを素直にきくものだということである。


人間なので感情がある。


感情があるから、扱いが本当に難しい。


全然いうことをきかない人も多い。


例えば、土日に従業員が10人いなくては駄目だとする。

8人しか埋まらない。

頭を下げてなんとか10人埋まったとする。


頭を下げられた二人はお願いされて出てやったと思う人もいるだろうし、今回は貸しだから別件で我侭が通じて当然と考える人もいる。

また、土日に出た人は「出なかった人は暇な平日しか出なくて楽して儲けてる」と考える人もいる。


いろんな思惑や感情、妬みや嫉みが交錯する。


人間が人間に指示を出して人間をもてなして、利益をあげる。


難しい商売である。



上記のような感じでやっていると店長はAさんをエコヒイキしていると言い出す人もいる。

直接、店長室で涙を流しながら店長に不公平だと怒鳴る人もいる。


完全な平等なんて無理である。





「不平不満があって辞めたいなら辞めていいよ」と言えればどんなに楽だろうか