外食産業の年収、外食産業の人間関係、外食産業の出世や異動、外食産業の不正、外食産業の衛生管理、外食産業の恋愛や結婚を赤裸々に暴露

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


外食社員の愛車を思い出せる範囲で記してみた。


家族持ち 40代店長 エスティマ
家族持ち 40代店長 トヨタの200万円台のファミリーカー
家族持ち 30代超優秀店長 10年位前のカローラ
独身   30代前半店長トヨタのスポーツクーペ
独身   30代前半元店長 パジェロイオ
独身   30代中盤店長 おそらくCクラスのベンツ
バツイチ独身 30代中盤超優秀店長 ベンツ
独身   50代店長地方で実績あげてやってきた店長 日産シーマ
独身   40代中盤店長 ダイハツムーブ
独身   30代店長 ホンダアコード
独身   30代店長 スカイライン
 

本部社員 新店指導員 軽
本部社員 新店指導員 トヨタクラウン


既婚 2年目社員 ホンダストリーム
家族持ち 3年目社員 三菱 デリカ
3年目社員 ホンダインテグラ高いの 
3~5年目社員 パジェロミニ
3~5年目社員 トヨタランドクルーザー 


新入社員 トヨタハリアー
新入社員 スバル インプレッサ
新入社員 カローラ中古
 


新入社員は中古車が多い
エリアマネージャーは会社からコンパクトカーを支給されているのでそれで店を巡回
面接の最後の方になると免許を持っているか?と車を持っているかを訊かれる。
車を持っていないと、新卒なんかの場合だと卒業までバイトすれば中古車なら簡単に買えるでしょうと言われる。


働くヒト ブログランキングへ
スポンサーサイト


駄目店長の店にヘルプに行った。


昼の12時から15時間拘束の繰り返しである。

簡単に言えばモーニングと夜中の2~3時以降以外は人がいないから働けよということである。



控え室に置いてある日報が凄い。

店長の悪口がびっしりと書いてある。



”店が駄目になってるのにエリアマネージャーはどうしてこないのか信じられない”

”今の店長がきてから店が無茶苦茶になった”

”店長が全然キッチンに入らない”

”店長が営業で一番つかえない”

などなど、店長の悪口が書き連ねてる。



工業地域から近い立地のこの店は従業員の素行も悪いことで有名であった。

いろんな店がある。

そして、社員はいろんな店にヘルプに行く。

そこで店長の仕事に絶望したり憧れたり、色々考える。





以前いたエリアマネージャーの腕にはカルティエの腕時計がはめられていた。

エリアマネージャーは車でいろんな、店を回るのである意味、腕時計は必需品である。


だけど、店舗勤務の場合、基本的は衛生問題から接客時も調理時もつけられないので、
まるっきり腕時計は必要がない。


ある若手店長の下に付いたとき、その店長はオメガのスピードマスターをつけていた。


それを出勤時につけてきて、仕事に入るときに、ゼロハリバートンの暗証番号付きのかばんに入れて、
店長室に保管していた。

そして、仕事が終わると手を洗って着替えて、オメガ・スピードマスターを満足げに腕にはめて帰っていくのがいつもだった。


腕時計いらねえだろう?と陰口をバイト連中に叩かれていたが、なんとなくわかる気がする。


自分へのご褒美とそれが店長なりのオンとオフの切り替えなんだろうと。。。


スーツを着て出勤しても、実態は肉体労働であるのが外食産業の現場である。


フロアーに出たら、料理を運んだり、レジに客がきたら急いでレジに行っての繰り返しで、
以前、8時間勤務の主婦が歩数計をつけて計ったら軽く2万を超えていた。

ヘルプで行った先でフロアーだけ15時間くらい一週間やったときは足の裏が凄いことになった。


食材とか一般品(包材とかトイレットペーパーとか食材以外のもの)の配送整理の作業をすのも、
ある意味、ベストキッドの主人公並にトレーニングになる。

キッチンなんか焼いたり揚げたりをして大量の汗をかきながら、歩行距離はほとんどないけど、
その場で、屈んだり、振り返ったり、ターナーでハンバーグをひっくり返したり、
サウナでエアロビやってるようなものである。

仕事の合間の飯も食えるときと食えないときがあるし、
家に帰ったらヘトヘトで飯どころでないので、食わないで寝ることも多かった。



結果的に入社時からわずか4ヶ月で15キロも痩せてしまった。

主婦の人たちやフリーターの人は家庭とバイト先の往復であることが多く、
割と同じ方向を向いてくれることが多い。


でも、学生の場合、学校だったり、就職活動だったり、部活だったり、恋人だったり、友達だったり、
まぁ、いろいろと家庭とバイト先以外の世界にも接しているし、ほとんどが数年以内にやめていくのを前提にやっているので、
同じ方向を向かせるのは難しい。


わかりやすくいうと、例えばクリスマスなんかで個人のケーキの目標販売個数を設定するとしよう。

たとえ、そのケーキが値段の割りにあまりおいしくなくても、主婦だとしょうがないからといって、自分の家の分だったり、親戚に買ってあげたりして自分で買ったりすることも多い。

フリーターの人も同様にしぶしぶながら買ったりすることもある。


ただ、学生の場合はそんなのおかまいなしだから、店長がいても控え室で「こんなまずいケーキ、こんな値段で売るなんてぼったくりもいいところだよ」とか、
「たかだか、バイトでノルマとか考えられねー!」「都内にいけば時給1000円以上のとこいっぱいあるからいつでもやめてもいいや」とか、
散々文句言って、こういうことには貢献する気配がないだけでなく、その上、なんくせをつけて、一致団結しようという空気を木っ端微塵にしてしまうこともある。


どこの職場でもそうだと思うが、全員が全員、仲が良いわけではない。

特に主婦同士だと派閥ができたり、キッチンとフロアーで対立したり、
ランチとディナーで対立したりと色々と人間関係が複雑である。
この人とこの人は休憩を一緒にしたら駄目とか、ここまでの作業を進行させていないと文句を言ってくるから、
残業させろとか色々と面倒である。


事務作業をしているとよく、”誰々さんはどうだからやめさせるべき”だとかまで言ってくる人までいる。


たいてい、「人事のことは店長が権限を持っているので」と言うと、
半ギレ状態で顔を真っ赤にして「店長に言っても駄目だから言ってるんでしょう!」と怒鳴られる。


基本的には社員というのは入ったバイトが長く続けていくれることを望む。

穴だらけのシフトを埋めるのは自分だからかだ。


ただ、入っても、ほんの数日とか数週間でやめて行く人も多い。

バイトの人が入ってきてやめていく理由はなんだろう?と考えてみる。




「思っていたよりキツイ」

これはあると思う。よく、キッチン担当とかだと最初は皿洗いくらいを続けていればいいと思う人も多い。
昔の70年代とか80年代の頃はそういうのもあったかもしれないけど、今は初日からでも普通に調理させて、
どんどん仕事を任せていく。そして、バイトでも店長にしちゃう時代だ。地方なんかだと社員が常駐していないことも多い。
当然、時給800円台でここまでしなくちゃいけないのか?と思う人も多い。




「人間関係」

例えばあなたが20代で初日に高校生にタメ口で命令されたらどう思うだろうか?
店長にわからないことを訊いたら、「なんでマニュアルをみねえんだ!」と怒鳴られたらどう思う?
控え室で古参の主婦に面と向かって「あなたが入ることで私の働く枠がなくなるかもね」と嫌味を言われたらどう思う?
店長が古参の主婦に対しては笑顔で敬語で気を使っているのに新人のあなたに対してだけ、命令口調で接してきたらどう思う?





「思っていた時間働けない」

多いのが5時間とか8時間働きたいけど、2~3時間しか入れてくれないのでやめたという場合が多い。
人手不足なんだから入れればいいじゃないか?と思うかもしれないけど、
一つのポジションもろくに任せられない人間を入れても邪魔になるだけなので、
結局、暇な時間帯で社員とかベテランのアルバイトが任せられるようになるまで
2~3時間程度でトレーニングを重ねて徐々に希望の時間は入れるようにしていくしかない。
できるようになるまで稼げないのでやめて行く場合が多い。
接客の場合はある程度、すぐにやらせても大丈夫だけど、調理の場合は大体において時間がかかるものである。




女性の場合、特に調理に関してはサラダやデザートを作ったり、洗い物をしたり、仕込みをするということに関しては結構、抵抗なくやっていける人が多い。

ただ、焼いたり揚げたりとかのポジションに長時間、最初からいれるとすぐにやめていくことが多いように思う。
また、配送できた食材を冷蔵庫とか冷凍庫に整理させたりとかも最初からやらせないほうが無難である。


理想的には女性の場合、サラダやデザートを担当させて慣れてから徐々に焼いたり揚げたりのポジションに入れていくほうがいいだろう。


とはいっても、慢性的な人手不足で特に平日のランチ時なんてたいてい、主婦と社員でやりくりしていかないといけないし、
元々、サラダやデザートばかりやっている古株の主婦の人を焼いたり揚げりの方に移動させるのも、難しい。

嫌がる人が多いし、どんな仕事でもそうだけど、一度、仕事を覚えてそればかりやっていると自分はこれさえやればいいんだという、
既得権みたいなものが出来てくる。


プロ野球でいったらベテランの落ち目の先発投手に中継ぎとかやらせるのが難しいのといっしょなのだ。


それで仕方がないので、結局、駄目だろうなと思いつつも、新しく入る主婦の人を焼いたり揚げたりのポジションにいきなり入れては、
すぐやめるのパターンの繰り返しになる。


そのうち、若手の男のフリーターが長期間で入ってくれないかな?
時給800円台じゃ無理だろうなと思いながらも、外食社員の多くが、モーニング、ランチ、ディナー、ミッドナイトと全時間帯で身体を貼ってがんばるのである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。